よく読まれている記事

【違反事例など】無車検運行の罰金や点数って?

無車検運行の概要

 何気なく運転していた車が、実は車検切れだった経験はない
でしょうか?

 実は、車検が切れた状態で車を運転していた場合は、無車検
運行となり、取り締まりの対象となってしまい、罰金を払う
ことになってしまいます。

 今回は、無車検運行の罰金や点数などについてまとめました。


無車検運行とは?

運転手と警官
【無車検運行の基準】
 さて、そもそも無車検運行とは、どのような際に問われる違反
なのでしょうか?

 無車検運行は道路交通法で定められており、車検が切れた状態で
自動車を運転していた場合に発生する
違反です。

 この無車検運行は道路運送車両法第58条1号によって、以下の
ように定められています。

○道路運送車両法第58条1号
自動車(国土交通省令で定める軽自動車(以下「検査対象外軽自動車」 という。)及び小型特殊自動車を除く。以下この章において同じ。)は、 この章に定めるところにより、国土交通大臣の行う検査を受け、 有効な自動車検査証の交付を受けているものでなければ、これを 運行の用に供してはならない。

 また、無車検運行を問われた際は、自賠責保険も期限切れになっている
事が多いので、同時に無保険違反にも問われてしまいます。

○自動車損害賠償保障法第5条
自動車は、これについてこの法律で定める自動車損害賠償責任 保険(以下「責任保険」という。)又は自動車損害賠償責任共済 (以下「責任共済」という。)の契約が締結されているもので なければ、運行の用に供してはならない。

 もしも自賠責保険が切れた状態で人身事故を起こしてしまうと、救済
措置が無くなってしまうので、賠償額が大変な金額になる事が考えられ
ますよね…。


無車検運行の罰金や点数は

警官の取り締まり
【罰金と違反点数】
 さて、車検が切れた状態で運転した場合に取り締まりの対象と
なる無車検運行ですが、実際に支払う反則金や違反点数は、
どれくらいになるのでしょうか?

 ここでは、無車検運行の反則金及び違反点数をまとめてみました
ので、確認してみましょう。

※無車検運行の罰金や点数
  • 罰金
    30万円以下
  • 点数
    6点

 このように点数が6点であるために、違反を犯すと免許停止30日間か
90日間が確定
していまい、前科がある場合は実刑の可能性がある
重い違反行為として扱われています。

 ちなみに、免許停止の概要や手続きなどの詳細は、以下に記事が
まとまっているので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

【点数や講習など】運転免許停止処分(免停)になったらどうすればいいの?
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-461.html


無車検運行の事例

事故による通報
【車検切れの状態で事故を起こして…】
 車検切れでの運転が対象となる無車検運行ですが、事故を起こした
際に、車検切れに気づいたケースも…。

○交通事故により、車検切れに気づく
職場まで自動車を運転していた医師が、時間がなく急いでいた所 左右を確認しないで車を発車させてしまい、歩行者とぶつかり、 怪我をさせてしまった。

その場で警察を呼んだが、その際に車検が切れていること、 併せて自賠責保険の有効期限が切れていることが発覚したため 逮捕され、自動車運転過失傷害、自動車損害賠償保障法、道路運送 車両法違反で起訴された。

 このように無車検運行に問われないためには、車検切れを確実に
防ぐような対策をとれば良いのではないでしょうか?

※無車検運行にならないための対策
  • 書類やステッカーで有効期限を確認
  • 車検の更新通知が来たら更新する

 また、車検の更新を行うと同時に、自賠責保険も新規の加入を行わ
ないと、人身事故の際の救済措置も無くなるので、必ず加入しましょう。

 以上のような罰金や事例を確認した上で、仕事などに影響が出ないように
早めに車検の更新や自賠責保険の加入を行ってはいかがでしょうか?
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)