【原因・対策】ブルドーザーの事故事例を知りたい!

ブルドーザーの事故事例の紹介や原因と対策

 土砂の運搬や、整地を行う際に欠かせないブルドーザー。

 ブルドーザーは不整地で作業を行う車両であることから、
実際に起こる事故は、予測できない内容である事も…。

 今回は、事故予防用にブルドーザーの事故の事例、原因
や対策
についてまとめてみました。
事例1.排土板への挟まれ

排土板
【排土板からの落下による事故】
 まずは、ブルドーザーの排土板から転落し、衝突した事故事例を
確認していきましょう。

○発生状況

ブルドーザーの作業員が1人で排土板上で部品の取り付けを行っていたところ、誤って足を踏み外してしまい落下し、排土板に衝突した。

 この事故はブルドーザーの作業員が1人で作業中、排土板から落下して
しまい、排土板に衝突して重傷を負った事故です。

 この事故の原因は、以下のものが考えられます。

○作業原因

1.不安定な排土板上での作業
足場が少ない排土板上で作業を行ったことにより、足を踏み外してしまい、排土板に落下してしまった。

2.足場の不足
このような足場の少ない場所での作業は、本来ハシゴや移動式タラップ上で行うが、用意されていなかった。

3.作業内容確認不足
部品の取り付けを行うにあたり、責任者への確認を怠っていた。

 では、この事故に対する対策とは、どのようなものがあるのでしょうか?

○対策

1.足場の用意
足場の少ない場所での作業は、ハシゴや移動式タラップを用意する。

2.作業内容確認
危険が伴う作業を行う前に、責任者に作業内容の確認を行う。

3.2人以上で作業を行う
危険が伴う場所での作業は1人で行わず、必ず2人以上で行うようにする。

 つまり、部品の取り付けを行う前に、作業内容の確認と足場を用意
することや、作業人数を2人以上に増やしていれば、
この事故は防げたと
言えます。


事例2.刃の下への挟まれ

ブルドーザーの刃
【運転ミスによる事故】
 次に、ブルドーザーの刃の下に挟まれてしまった事故事例を確認
しましょう。

○発生状況

ブルドーザーでの作業後に駐車して場を離れたが、ブルドーザーが誤作動してしまい、近くにいた作業員をブルドーザー後部の刃で挟んでしまった。

この時、ブルドーザーのギアはニュートラルの位置に入ってなく、駐車時のブレーキもかけていなかった。

 この事故は作業員がブルドーザーのギアの入れ忘れとブレーキをかけ
忘れを行ったため、ブルドーザーが誤作動し作業員に衝突してしまった
事故です。

 この事故の原因としては、以下のものが考えられます。

○作業原因

1.ギアの入れ忘れとブレーキのかけ忘れ
ブルドーザーを駐車する際に、ギアをニュートラルに入れ忘れたことと、ブレーキをかけ忘れた事によってブルドーザーが誤作動した。

 では、この事故に対する対策とは、どのようなものがあるのでしょうか?

○対策

1.駐車時のギアとブレーキの確認
ブルドーザーを駐車する際は、ギアをニュートラルの位置に入れることや、駐車ブレーキをかける事を必ず確認する。

2.安全衛生教育を行う 作業員に対して安全衛生教育を行い、作業手順や方法を熟知させる。

 つまり、安全衛生教育を行い、ギアをニュートラルの位置に入れ、ブレーキを
かけた事を確認できていれば、
このような事故は起こらなかったはずです。


事例3.運転席での挟まれ

衝突するブルドーザー
【後方確認不足による事故】
 最後に、ブルドーザーでの作業中に、運転席の背板と操作レバーに
挟まれてしまった事例を確認しましょう。

○発生状況

船倉内でのドロマイト(苦灰岩)の荷揚げ中、ブルドーザーを用いて作業を行っていたが、後進時に運転を誤ってしまい、ハッチの蓋に衝突し、運転席の背板と操作レバーの間に挟まれた。

ブルドーザーはそのまま斜面を滑ってしまい、船倉底で止まった。

 この事故は船倉での作業中に運転を誤ってしまい、ハッチの蓋に
衝突し、運転手が運転席の背板と操作レバーの間に挟まれてしまった
事故です。

 この事故の原因としては、以下のものが考えられます。

○作業原因

1.運転手の運転ミス
この事故は、運転手がハッチの蓋の位置を充分に確認できていない状態で、ブルドーザーを後進させてしまったため発生した。

2.誘導員不足
衝突の危険が伴う場所での後進時は、誘導員に誘導してもらうべきだった。

3.サイドミラーとヘッドガードの不足
ブルドーザーにサイドミラーとヘッドガードが取り付けられていなかったので、後方確認不足や事故の被害が大きくなった。

 では、この事故に対する対策とは、どのようなものがあるのでしょうか?

○対策

1.運転手の後方確認を確実に
衝突の危険が伴う場所での後進は、特に後方確認をしっかり行う。

2.誘導員の配置
危険箇所での後進は誘導員について貰い、事故を予防する。

3.サイドミラーとヘッドガードの設置
ブルドーザーにサイドミラーとヘッドガードを設置し、後方確認を行い易くし、万が一の事故時も被害を小さくさせる。

 つまり、ブルドーザーにサイドミラーとヘッドガードを設置し、
誘導員の指示の下後進を行っていれば、
このような事故を
防げたはずです。


その他の重機やトラックの事故事例

横転したトラック
【その他事故事例の紹介】
 いかがだったでしょうか?

 こういった事故事例を元に対策を考えることで、思わぬ事故も
あらかじめ防ぐ事ができるはずです。

 今回はブルドーザーの事故事例を紹介しましたが、以前には
トラックやその他重機の事故事例をまとめています。

  もし興味がありましたら、ご覧になってみてください。

○事故事例集
http://torack7.blog.fc2.com/?tag=物流事故事例集
おすすめ記事
関連記事


Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2017/02/09 11:14
  • -
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.