よく読まれている記事

トラックの特装車

トラックの特装車「キャリアカー」
軽トラックも小型~大型トラック全て特装車というのはあります。
そして特装車には沢山の種類があります。その中で今回は比較的車体が大きいもの、
大型特装車「キャリアカー」についてかいていきます。
キャリアカー


特装車について

特別な機械を備え、それを自動車の原動機で駆動するようになっている特別車のことで、特殊な用途のために改造した車を特装車とよんでいます。
そのなかで、トラックのベースとなるキャブシャシー(荷台を取り付ける前のキャビンとシャシーの状態)に、特別な架装を施した車両を「特装トラック」といいます。


キャリアカー

大型の特装車といえば、「キャリアカー(車輛運搬車)」などありますね。
乗用車を一台積むタイプのものもあれば、複数台まとめて積むタイプもあり、メーカーやその用途によって全長はそれぞれです。

【キャリアカーについて】
キャリアカーは主に軽自動車から2tクラスのトラックまでの車を運搬する専門のトラックです。
主にキャリアカーで四輪自動車を運送する目的は、「新車及び中古車の商品輸送」と「マイカー輸送」にわけられます。
道路法により自動車運搬用トレーラーの全長は19mが上限とされており、積載台数は最大でも6台となっています。
※構造改革特別区域(特区)を申請した岩手県・宮城県・静岡県・愛知県・福岡県においては、2010年(平成22年)11月30日より完成自動車工場から積出港までのルートでの全長21mの同トレーラーの運行が可能となりました。


【種類】
●荷台に1台の自動車を載せることができるもの⇒ローダー
●荷台に5台の乗用車を載せることができるもの⇒単車
●最大8台の乗用車を載せることができるもの ⇒トレーラー(特殊車両に指定されています。)
キャリアカー トレーラー


【積み方】
車の積み方のことを「荷姿」といいます。
この荷姿を決めるのは、運転する乗務員で、積み下ろしも乗務員がおこなっているそうです。

積まれている車が前向き、後ろ向き、ななめになっているのは道路交通法の高さ制限を守るため、工夫されて積まれています。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)