よく読まれている記事

【違反事例など】徐行場所違反の罰金や点数って?

徐行場所違反の概要

 ぬかるみや水たまりのある場所を通行するときに、つい徐行を怠った
経験はないでしょうか?

 実は、徐行を行う場所でそのまま運転してしまうと、徐行場所違反
となり、取り締まりの対象となってしまうので注意が必要です。

 今回は、徐行場所違反の罰金や点数などについてまとめました。


徐行場所違反とは?

警官の取り締まり
【徐行場所違反の基準】
 さて、そもそも徐行とは、どのような状態を指すのでしょうか?

 この徐行は5kmから10kmと言われることがありますが、道路交通法で
車両が直ちに停止出来るような速度と定義されています。

○道路交通法第2条20号
徐行 車両等が直ちに停止することができるような速度で 進行することをいう

 では、徐行場所違反とは、どのような際に問われる違反なので
でしょうか?

 徐行場所違反は場合によって徐行義務違反とも呼ばれ、こちらも
道路交通法で定められており、徐行を行う場所で徐行運転せずに
通行する
と違反となります。

 この徐行場所違反は道路交通法第42条によって、以下のように定め
られています。

○道路交通法第42条
車両等は、道路標識等により徐行すべきことが指定されている 道路の部分を通行する場合及び次に掲げるその他の場合に おいては、徐行しなければならない。

1. 左右の見とおしがきかない交差点に入ろうとし、又は 交差点内で左右の見とおしがきかない部分を通行しようとするとき (当該交差点において交通整理が行なわれている場合及び 優先道路を通行している場合を除く。)。

2. 道路のまがりかど附近、上り坂の頂上附近又は勾配の 急な下り坂を通行するとき。

 また、徐行をすべき場所や、徐行をすべき場合は以下のように
定義されています。

徐行をすべき場所(道交法42条)
  • 徐行の標識がある所
  • 左右の見通しが利かない交差点への進入時
  • 交差点内で左右の見通しが利かない部分
  • 道路の曲がり角付近
  • 上り坂の頂上付近
  • 勾配の急な下り坂付近

徐行をすべき場合(カッコ内は道交法の各条)
  • 許可を受けて歩行者用道路を通行するとき(9条)
  • 歩行者等の側方を通過するときに、間隔がないとき(18条)
  • 停止中の路面電車を通過する際に安全地帯があるとき(31条)
  • ぬかるみや水たまりの場所を通行するとき(71条1号)
  • 歩行者がいる安全地帯の側方を通過するとき(71条3号)

 以上のような場所を通行する際は、徐行を行う事を心がけましょう。


徐行場所違反の罰金や点数は

トラックの取り締まり
【罰金と違反点数】
 さて、徐行の標識がある所で、徐行を行わない場合に取り締まりの
対象となる徐行場所違反ですが、実際に支払う反則金や違反点数は、
どれくらいになるのでしょうか?

 ここでは、徐行場所違反の反則金及び違反点数をまとめてみました
ので、確認してみましょう。

徐行場所違反の反則金や点数
車種
大型車
普通車
小型特殊
反則金
9,000円
7,000円
5,000円
違反点数
2点
2点
2点

 徐行の標識がある場所で徐行を行わないと、事故などが起こる可能性
もあるので、安全のために徐行した方が良いでしょう。


徐行場所違反の事例

追突事故
【出合い頭で徐行し忘れて衝突】
 徐行する場所で徐行しないと取締対象となる徐行場所違反ですが、徐行
し忘れたために事故が起きたケースも…。

○出合い頭で徐行し忘れて衝突
Kさんは信号のない小さな十字路を時速30キロくらいで通過しよう として、出会いがしらに事故をおこしてしまいました。Kさんの車 の前方には一時停止の標識があったのに、ついウッカリ、一時 不停止で進行してしまったのです。

しかし、相手の車は時速50キロのスピードで、徐行すべきところを 徐行しなかったので、徐行義務違反にあたります。

 このように徐行場所違反に問われないためには、道路標識を確実に
確認するような対策をとれば良いのではないでしょうか?

※徐行場所違反にならないための対策
  • 見通しの悪い道路は徐行運転を行う
  • 運転時は視線を進行方向の先に向ける
  • 道路標識に注意する

 以上のような罰金や事例を確認した上で、違反を重ねて免停となり、
仕事が出来なくなるような事を避ける為
にも、徐行運転を意識して行って
みてはいかがでしょうか?
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)