よく読まれている記事

【違反事例など】転落等防止措置義務違反の罰金や点数って?

転落等防止措置義務違反の概要

 トラックに積んであった積載物が、ベルトなどで確実に固定されて
いなかったために、道路に落としてしまった経験のある方も多いのでは
ないでしょうか。

 実は、積載物を確実に固定をしないで道路に落としてしまった場合は
転落等防止措置義務違反となり、取り締まりの対象となってしまうので
注意が必要です。

 今回は、転落等防止措置義務違反の罰金などについてまとめました。


転落等防止措置義務違反とは?

落下物の回収
【転落等防止措置義務違反の基準】
 さて、そもそも転落等防止措置義務違反とは、どのような際に
発生する違反なのでしょうか?

 転落等防止措置義務違反は道路交通法で定められており、積載物の
固定を怠り、転落や飛散させてしまった場合に発生する
違反です。

 この転落等防止措置義務違反は道路交通法第71条4号によって、
以下のように定められています。

○道路交通法第71条4号
乗降口のドアを閉じ、貨物の積載を確実に行う等当該車両等に 乗車している者の転落又は積載している物の転落若しくは飛散を 防ぐため必要な措置を講ずること。

 また、積載物の固定を怠り転落や飛散させてしまい、2次的被害などを
発生させてしまった場合は、転落積載物等危険防止措置義務違反にあたり
ます。

○道路交通法第71条4号の2
車両等に積載している物が道路に転落し、又は飛散したときは、 速やかに転落し、又は飛散した物を除去する等道路における 危険を防止するため必要な措置を講ずること。

 ちなみに、高速道路で物を落としてしまった際の対処などは、以下に
記事がまとまっているので、興味のある方はご覧になってみてはいかが
でしょうか。

高速道路の落下物、どうやって回収すれば良いの?連絡手段は?
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-383.html


転落等防止措置義務違反の罰金や点数って?

警察官のマーク
【罰金と違反点数】
 さて、積載物を固定せず、落としてしまった場合に取り締まりの対象
となる転落等防止措置義務違反ですが、実際に支払う反則金や違反点数は、
どれくらいになるのでしょうか?

 ここでは、転落等防止措置義務違反の反則金及び違反点数をまとめて
みましたので、確認してみましょう。

転落等防止措置義務違反の反則金や点数
車種
大型車
普通車
小型特殊
反則金
7,000円
6,000円
5,000円
違反点数
1点
1点
1点

 ちなみに転落等防止措置義務違反は、高速道路上の落下物などが対象と
なる事が多いようです。


転落等防止措置義務違反の事例

高速道路の落下物
【道路にプラスチック片が散乱】
 高速道路上の落下物などが対象となる転落等防止措置義務違反ですが、
プラスチック片を散乱させてしまったケースも…。

○収集運搬業者がプラスチック片を運搬中に落下
成田市や香取市の路上でプラスチック片が大量に見付かった 問題で、産業廃棄物処理業者がトラックで運搬中、荷台から 落としていたことが分かった。

香取署は運転手に道交法違反(転落等防止措置義務違反)で 違反切符を交付した。

このプラスチック片は、運搬中に荷台のベルトが切れて落下した 事が、警察の取り締まりで明らかになった。

 このように転落等防止措置義務違反に問われないためには、積載物を
確実に固定するような対策をとれば良いのではないでしょうか?

※積載物を落下させないための対策
  • ロープやベルトで確実に固定
  • ロープやベルトが劣化していないか確認

 ちなみに、高速道路で積載物を落下させてしまい、二次災害の事故を
発生させてしまった場合の過失や罰金は、以下の記事に詳しくまとめ
られているので、ご覧になってみてはいかがでしょうか?

【高速道路の落下物で事故】責任・過失の割合はどのくらいになるの?
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-393.html
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)