よく読まれている記事

【車検証なども】引越し時の車のナンバー変更や書類

引越しを行ったら、ナンバー変更が必要?

 仕事の都合で、車と一緒に隣の区に引っ越すことになった。

 この場合は、新たにナンバーを変更する必要があるのでしょうか?
 また、ナンバーの変更が必要ない場合もあるのでしょうか?

 今回は、引越し時のナンバー変更の有無についてまとめて
みました。


引越し時のナンバー変更とは

陸運局へ移動
【他県への移動時等に必要】
 さて、引越しをした際にナンバー変更が必要な場合は、他の都道府県に
移動した際や、同一の都道府県内でも、陸運局の管轄が異なる時

挙げられます。

 このような際は、移転先を管轄する陸運局に車を持ち込んで、以下の
ような手順でナンバー変更を行ないます。

引越し時のナンバー変更
  • 移転先を管轄する陸運局へ
  • 住所変更手続きを行う
  • 新ナンバーを取り付ける

 また、車のナンバー変更に必要な書類は、以下のようになって
います。

ナンバー変更時の必要書類
  • 申請書(OCRシート)
  • 手数料納付書
  • 自動車税申告書
  • 車検証
  • 印鑑
  • 住民票
  • 車庫証明
  • 委任状

 さらに、事業用ナンバーの車両がナンバー変更を行なう場合は、以上
の書類の中でも車庫証明が不要になり、事業用自動車等連絡書という
書類が必要になります。

 ちなみに、旧ナンバーを返納して新ナンバーを取り付ける際は、
1500円から2000円の費用がかかります。

 また、引越しを行った際は、ナンバーの変更以外に、以下の証書の
変更手続きもそれぞれ必要になりますので、ご注意ください。

各種証書
免許証
車検証
車庫証明
自動車保険
手続き場所
警察署
陸運局
警察署
保険会社等


そのままでも大丈夫な場合は

多数のナンバー
【住所変更は必要】
 では、引越しを行った際に、ナンバーの変更が不要なのは、どんな場合
が挙げらるのでしょうか?

 この場合は、引越し先を管轄する陸運局が、引越し前と同じであれば、
ナンバーの変更は必要ありません。

ナンバー変更が不要な場合
  • 陸運局の管轄が同一の場合

 また、引越しを行って住所は変更しているので、住所変更をはじめ
上項の証書の変更手続きは一通り必要
になるので、早めに変更を
行ないましょう。

 ちなみに、引越し後免許がそのままであっても車検を受けることは
出来ますが、廃車を行う場合に住所が2度以上変わっていると、住民票
だけではなく戸籍謄本を求められることもあるそうです…。


引越し時の住所変更とは

陸運局へ移動2
【管轄変更時に必要】
 また、引越し時に必要となる住所変更の中に車検証の住所変更が
ありますが、どのような場合に必要なのでしょうか?

 車検証の住所変更が必要になる場合は、ナンバープレートと同様に
陸運局の管轄が変わる時に必要となります。

 この住所変更は、道路運送車両法12条により、変更後15日以内に
申請しないと、50万円以下の罰金が処される可能性があります。

引越し時の住所変更
  • 陸運局が変わる場合に行う
  • 車検証の住所変更が必要
  • 変更後15日以内に申請する

 また、この住所変更の手順は、はじめに地域を管轄している陸運局に
ついて調べてから、必要書類を用意し、陸運局内で手続きや費用の
支払いを行ないます。

住所変更の手順
  • 陸運局について調べる
  • 必要書類を用意
  • 陸運局内で手続き、支払い

 この際の支払いに必要な費用は、手数料や用紙代、ナンバープレート代
に分類され、以下のような金額の支払いが生じます。

住所変更時の費用
  • 手数料…350円
  • 用紙代…100円
  • ナンバー代…1,500~2,000円

 ちなみに、陸運局で手続きを行える時間は、平日の9時から12時、
13時から16時までと限られているので、行政書士による住所変更
代行サービスもあります。

 平日に時間を作れない方は、利用されてみてはいかが
でしょうか?
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)