よく読まれている記事

日産ディーゼル工業「ビックサム」

日産ディーゼル工業「ビックサム」

ビックサム

日産ディーゼル工業(現:日産UD)が生産していた大型トラック「ビックサム」。

大型トラックらしいずっしりとした外装をしていて、現在日産UDから製造されているクオンの元祖のトラックです。



日産ディーゼル「ビックサム」について

1990年にレゾナ(日産ディーゼルが製造していた大型トラック)の後継として誕生しました。
マイナーチェンジを繰り返し、長期生産され、後継者のクオンが2004年に登場し、その一年後の2005年に生産終了となりました。
しかし、現在でもオーストラリア、台湾、中国向けには製造が続けられています。

【補足】
ビックサムの名前は直訳すれば「大きな親指」ですが、「偉大な父」「頼れる父」という意味を持っているそうです。

【中古車価格】
210万円~830万円
※あくまで目安の値段なので、年式や、走行距離、業者等によって価格は変わります。

ビックサムの歴史

1989年12月 …発表
1990年  1月 …発売
1992年12月 マイナーチェンジ
1995年  2月 マイナーチェンジにおいて車両総重量22t・25t車を発売。
1996年 …低床4軸車(CG)に車両総重量22t・25t車を追加。
1997年12月 マイナーチェンジ
1998年 …GE13エンジン搭載車発売。
2000年  2月 マイナーチェンジ
2002年 …CNG車(天然ガス自動車)追加。
2003年 マイナーチェンジ。日野自動車に除雪車のOME供給開始。
2004年 …後継者のクオン登場。
2005年 …日本向けの製造終了。オーストラリア、台湾、中国向けには現在も製造が続けられている。


【マイナーチェンジ】
1992年
 ●内装及びラジエータグリルを変更。RG8、RF8TA型エンジンを追加。

1995年
 ●ヘッドライトとフロントパネル、フロンドグリルを変更。
 ●楕円UDマークが装着される。フロントのウインドシールドの部分に「NISSAN DIESEL」と白地のロゴが
  大きく表示されている中期型に対して、後期型は右寄りの端に小さく表示されています。
 ●平成6年排出ガス規制適合。
 ●変速時のクラッチ操作を不要とした(クラッチフリー)タイプである、セミAT「ESCOT-II」(エスコット)
  が設定された。
 ●V型タイプが310馬力のRF8、350馬力のRG8、新たに400馬力のRH8、V10タイプのRH10に変更。

1997年
 ●シャシー構造を軽量化。ディスチャージヘッドランプと運手席エアバックを標準装備。
  低床4軸車で車両総重量25t車のタイヤサイズを総軸同経過。
 ●ESCOTを自動変速可能とした(発進時のクラッチ操作は必要)機械式AT「ESCOT-III」に変更。
 ●低床3軸車の構造を大幅に変更。

2000年
 ●フロントパネル、フロントバンパー変更。
 ●ロゴがフロントのウインドシールドからフロントパネルのグリルに移動。
 ●平成11年排出ガス規制適合。
 ●エンジンを、V8タイプがRG8(320ps)、RH8(360、400、430)、直6タイプはPF6型を廃止しGE13型
  に統一。

2003年
 ●速度表示灯廃止とCI変更(UDマークデザイン変更)。
 ●平成13年騒音規制適合
 ●ESCOTを発信時クラッチ操作不要化とした「ESCOT-AT IV」に変更。


関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)