【いつから施工】準中型免許の最大積載量や定員とは?

新たな免許制度、準中型免許とは

 現在持っている免許証を確認してみると、2007年に制定された
8トン限定免許になっていないでしょうか?

 この免許制度がさらに変更される事になり、新たな制度として
準中型免許が近く加わる予定です。

 そこで今回は、準中型免許の内容や、最大積載量について
まとめてみました。
準中型免許とは?

ドライバーとトラック
【小型貨物に適した免許】
 では、準中型免許の概要について確認していきましょう。

 準中型免許制度とは、2015年6月17日に公布された改正道交法に
よって定められ、2017年6月17日までに新設される予定の新たな
免許制度です。

 この準中型免許は、主にコンビニの配送車など小型貨物車の運転に
適した免許で、18歳以上であれば、教習所での講習を受ければ取得
可能になる予定です。

準中型免許とは
  • 2017年6月17日までに新設予定
  • 小型貨物車の運転に適した免許
  • 18歳以上から取得可能予定
  • 車両総重量3.5t以上7.5t未満
  • 乗員定員10人以下

 また、現行の中型免許は、普通免許を取得して2年以上が経過した
20歳以上の人しか取得が出来ませんでしたが、準中型免許は18歳以上
から取得が可能なので、高校を卒業した新卒者でもドライバーと
して採用が可能になります。

 中型8トン限定免許が施行されて9年が経ちますが、運送業界の人員
不足が解消されないので、高卒者の採用者を増やすために、運送業界
からの要望によりこの免許制度が設立されました。


準中型免許での最大積載量は

青いトラック
【3.5トン未満まで】
 さて、2017年6月までに新設される準中型免許ですが、荷物の
積載量である最大積載量はどれくらいになるのでしょうか?

 準中型免許の最大積載量は3トン未満であり、車両総重量7.5トン
未満の車両までなら
運転が可能です。

 また、準中型免許を含めた、普通免許から大型免許までの定員人数と
積載量は以下の表のようになり、今後は準中型免許と普通免許の間に
5t限定免許が設立されることが予想されています。

新免許区分


準中型免許取得時の費用や内容は

トラックとドライバー2
【20万円程度に?】
 さて、小型貨物車の運転に適した準中型免許ですが、免許取得までに
かかる費用はいくらぐらいになるのでしょうか?

 2016年現在は準中型免許が新設前であるため、教習所に関する情報
は少ないのですが、中型免許取得と同様であれば20万円程度が予想
されます。

準中型免許取得の予想費用
  • 20万円程度

 また、遠近感や立体感を正しく把握する能力を測る深視力のテストは、
大型免許以外は現在深視力検査が行われていないため、準中型免許も
テストを行わない事が予想されています。

 この深視力については、以下の記事に詳しくまとめているので、
気になる方はご覧になってみてください。

○大型・中型免許の取得に必要な深視力とは?
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-245.html

 さらに、準中型免許は現行の中型免許と同様に、限定解除が可能になる
ことも予想され、2種免許は設立されない予定
となっています。

 上記の限定解除については、以下の記事に詳しくまとめているので、
興味のある方はご覧になってみてください。

○中型免許と中型8t限定解除の違いって何?
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-413.html.html

 ちなみに、準中型免許の設立にあたり、将来的には準中型免許の下に
5トン限定免許の設立も予想されているので、免許のフルビットを狙って
いる人は、先に普通二輪や大型免許などを取得した方が良いのでは
ないでしょうか?
おすすめ記事
関連記事


Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2016/05/14 14:00
  • -
土建屋だけど、中型で深視力が必要とか馬鹿馬鹿し過ぎるわ‼新卒で人なんか来ないよ!
重さで規制しないで、長さや幅で規制すればいいのに。4t超々ロングみたいなやつとかさ。
  • 2016/06/17 22:03
  • -
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.