アルミウイングのレンタル料金相場は?

アルミウイングをレンタルする際の料金相場は

 荷台両サイドのパネルが上下に開閉し、荷台の側面から
荷物を搬入する事ができる、アルミウイング。

 このアルミウイングを借りる際は、事前にいくら位費用が
かかるか、レンタル時の注意点などを知っていたいですよね。

 そこで今回は、アルミウイングのレンタル相場について
まとめてみました。
アルミウイングのレンタル料金相場は?

ドライバー1
【レンタル料の相場】
 さて、アルミウイングを実際にレンタルする際の料金とは、
一体いくらぐらいになるのでしょうか?

 アルミウイングのレンタル出来る車両は、主に3トン車と
4トン車があり、稀に10トン車を扱っている会社もあります。
会社によってまちまちですが、24時間使用できる場合が多く
なっています。

 また、追加料金を払えば、オプションとしてパワーゲート付き
の車両を選べる場合もあります。

 以下の比較表は、数社のレンタル料金を元に作成しました。

●アルミウイングのレンタル料金相場(24時間)

車重
3トン
4トン
10トン
A社
¥20,000
¥27,000
¥50,000
B社
¥20,000
¥26,000
--------
C社
¥31,000
¥32,000
--------

 以上の金額から、アルミウイングをレンタルする際の金額は、
大体2万円から3万円程度必要と言えますね。


アルミウイングをレンタルする際の注意点は?

アルミウイング1
【ウイングの扱いに注意】
 さて、上項ではアルミウイングのレンタル料金について説明しましたが
実際にレンタルした際に注意する点とは、どんな点があるのでしょうか?

※アルミウイングをレンタルする際の注意点
  • 返却前の車体やコンテナ清掃
  • 保険の加入
  • ウイングの誤開閉

 アルミウイングのレンタルで使用する際は、荷台に果物など生鮮食品を
積むば場合も考えられるので、返却前の車体や荷台の清掃は必ず行い、
ゴミや付着物がない状態にしましょう。

 もしもゴミなどが荷台内などに目立って残っている場合は、レンタル
業者から追加料金請求の可能性もあるため、清掃は入念に行いましょう。

 また、ウイング開閉時は道路運送車両法で定められた高さである、
380cmを意識することや、車体によってはウイングが開いた状態で
エンジンが作動してしまうことがあるので、ウイングの誤開閉や接触
にも用心しましょう。

 さらに、一般的なトラックのレンタル返却時と同様、返却前の給油や
車両点検も忘れずに行いましょう。


アルミウイングのメーカーや車種は?

アルミウイング2
【アルミウイングに使われるトラックやメーカーは】
 さて、ここまではアルミウイングのレンタル相場やレンタル時の注意点を
説明しましたが、アルミウイングに架装されるトラックのメーカーや車種は
どんな種類があるのでしょうか?

●アルミウイングのトラックメーカーと車種

メーカー
3トン
4トン
10トン
三菱ふそう
キャンター
ファイター
スーパーグレート
いすゞ
エルフ
フォワード
ギガ
日野自動車
デュトロ
レンジャー
プロフィア

 ちなみに、上記のトラックをアルミウイングへ架装を行うメーカーは、
下記のメーカーが挙げられます。

※アルミウイングの架装メーカー
  • 北村製作所
  • 日本トレスク
  • 日本フルハーフ
  • 矢野特殊自動車

 以上のようなレンタル料金や注意点などをを確認した上で、
アルミウイングのレンタルを検討してみてはいかがでしょうか?


その他の重機やトラックのレンタル料金相場

ドライバー2
【その他のレンタル料金相場紹介】
 さて、今回のウイング車以外にも、世の中には様々なトラックや
重機がありますよね。

 これらのトラックや重機のレンタル料金相場をまとめた記事も
ありますので、気になる方は以下のURLをご覧ください。

○トラック・重機のレンタル料金まとめ
http://torack7.blog.fc2.com/?tag=トラック・重機レンタル料金シリーズ
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.