よく読まれている記事

【違反事例など】しゃ断踏切立入り違反の罰金や点数って?

しゃ断踏切立入り違反の概要

 踏切のしゃ断機が降りようとしてる際に、慌てて渡ってしまった
経験はないでしょうか?。

 実はしゃ断器が降りている際に踏切を渡ってしまうと、しゃ断踏切
立入り違反となり、取り締まりの対象となるので注意が必要です。

 そこで今回は、しゃ断踏切立入り違反の罰金や事例について
まとめてみました。


しゃ断踏切立入り違反とは?

踏切と車
【しゃ断踏切立入り違反の基準】
 さて、そもそもしゃ断踏切立入り違反とは、どのように定義されて
いる違反なのでしょうか?

 しゃ断踏切立入り違反は道路交通法で定められていて、踏切のしゃ断器
が下りようとしている際や、警報機が鳴っている踏切、しゃ断器が降りた
踏切に進入したこと
によって発生する違反です。

※しゃ断踏切立入り違反の対象
  • 踏切のしゃ断器が下りようとしている際
  • 警報機が鳴っている踏切
  • しゃ断器が降りた踏切への立入り

 このしゃ断踏切立入り違反は道路交通法第33条によって、以下のように
定められています。

○道路交通法第33条
1.車両等は、踏切を通過しようとするときは、踏切の直前 (道路標識等による停止線が設けられているときは、その 停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止し、 かつ、安全であることを確認した後でなければ進行しては ならない。
ただし、信号機の表示する信号に従うときは、踏切の直前 で停止しないで進行することができる。

2.車両等は、踏切を通過しようとする場合において、踏切の 遮断機が閉じようとし、若しくは閉じている間又は踏切の 警報機が警報している間は、当該踏切に入つてはならない。

3.車両等の運転者は、故障その他の理由により踏切において 当該車両等を運転することができなくなつたときは、直ちに 非常信号を行なう等踏切に故障その他の理由により停止して いる車両等があることを鉄道若しくは軌道の係員又は警察官に 知らせるための措置を講ずるとともに、当該車両等を踏切 以外の場所に移動するため必要な措置を講じなければならない。

 ちなみに、踏切内で立ち往生してしまい、列車と衝突した場合は
多額の賠償金を支払う事になってしまうので、発煙筒の使い方や
踏切事故の原因や対策を覚えていても良いのではないでしょうか?

 以下の記事に、踏切事故の原因や対策、発煙筒の使い方がまとまって
いるので、参考にしてみてください。

【賠償額が億単位にも】踏切事故の原因と対策とは?
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-767.html

【いざという時に!】動画で見る発炎筒の使い方
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-535.html


しゃ断踏切立入り違反の罰金や点数って?

悩む男性
【反則金と違反点数】
 さて、しゃ断踏切立入り違反は踏切内で油断している取り締まりの
対象となってしまいますが、その際に支払う反則金や違反の点数は、
どれくらいになるのでしょうか?

 ここでは、しゃ断踏切立入り違反の反則金及び違反点数をまとめて
みましたので、確認してみましょう。

※しゃ断踏切立入り違反の反則金や点数
車種
大型車
普通車
小型特殊
反則金
15,000円
12,000円
7,000円
違反点数
2点
2点
2点

 ちなみにしゃ断踏切立入り違反の取り締まりは、交通量の多い
踏切で行われることがあるようです。


しゃ断踏切立入り違反の事例

取り締まる警官
【踏切が鳴ってから車が進入?】
 踏切によっては警察が取り締まりを行う時もある、しゃ断踏切立入り
違反ですが、踏切が鳴ってから車が進入したとして、取り締まられて
しまったケースも…。

○踏切での「しゃ断踏切立入り」での青切符に不服
今晩、踏切での「しゃ断踏切立入り」での青切符を切られました。
状況を記載します。

交通違反検挙強化日なのか、踏切の手前と踏切を越えた先に警官が いることは明らかにわかる状況でした。いつも以上に慎重な運転を 心がけていました。小学生の子を乗せており、さらに、約束の時間 まで余裕があったので急いでいませんでした。

踏切前では確実に停止。これは警官も認めています。

その後、私としては確実に安全を確認し、アクセルを踏みました。
車が進んでから踏切が鳴りました。渡っている過程は踏切は 鳴っていました。少なくとも私の前方の遮断機は車が踏切を 超えるまで下りはじめていません。

踏切を越えたら警官2名に止められました。私はなぜ警官に止められ たのか?警官からの説明を聞くまで理解できませんでした。

「しゃ断踏切立入り」と指摘されました。
上記について、車が踏切内に入ってから踏切が鳴ったのが私の見解
ですが、踏切が鳴ってから車が踏切内に入ったというのが警官の
見解です。

私の言い分は聞き入れられず、警官曰く「とりあえず切符は切る」 とのことで、青切符と納付書を手渡されました。

 このような問題を避けるためには、踏切を渡ったあとの道路に車間距離
があるか
確認してから渡りましょう。

 また、よく通る踏切であれば、しゃ断器が降りる間隔が分かるはず
なので、タイミングを合わせて渡れば問題は起きないと思います。

※しゃ断踏切立入り違反の注意点・対策
  • 踏切を渡ったあとの車間距離確認
  • しゃ断器が降りないタイミングで渡る

 更に車内にドライブレコーダーを設置していれば、映像を確認できる
ので、トラブルを避ける事ができるのではないでしょうか?

 また、以下にドライブレコーダーの価格や取り付け費用について
まとめた記事があるので、参考にしてみて下さい。

ドライブレコーダーの価格や取り付け費用って?
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-538.html

 さらに、道路交通法の違反時の罰則などについては、以下に記事が
まとまっているので、興味のある方はご覧になってみてはいかが
でしょうか。

道路交通法の違反時の罰則
http://torack7.blog.fc2.com/?tag=罰則
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)