フルタイム4WD

フルタイム4WD
自動車の駆動方法の一種「四輪駆動」。
最近のトラックはボタン一つで「四輪駆動」と「二輪駆動」に切り替えられるものが多くなってきています。
そんななかで聞くのが「フルタイム式4WD」。
ではいったい「フルタイム4WD」とはなんなのでしょうか?

四輪駆動(4WD)とは

フロントにエンジンを置き、前輪と後輪を同時に駆動させる方式のこと。
転がるだけの遊輪がないため、砂・泥濘・積雪・凍結路などの不整地での駆動力が高まり、走行が安定します。

略称は「四駆」。
英語の「four-wheel drive」の略で「4WD」とも呼ばれる。または「all-wheel drive」の略で「AWD」とも呼ばれる。

4WDの制御は細かく、色々な仕組みがありますが、大きく分けて「パートタイム4WD」と「フルタイム4WD」の2種類があります。


フルタイム式4WDとは

フルタイム4WDとは常時4WDで走行する車のことです。
パーマネント式(広義)、コンスタント式とも呼ばれています。
旋回時や、前後輪のタイヤサイズの違いなどによる各輪の回転差を吸収します。
常時前輪に適切にトルクを分配するため、高速走行や雨天時の走行における安全性に優れています。

【構造】
エンジン出力はセンターデフを介して前後輪に配分されています。
フルタイム4WD構造

【デフ】
デフとは、デファレンシャルギヤの略。差動歯車とも言い、回転差を持って動く歯車の事です。
車が曲がる時、旋回内側の車輪と旋回外側の車輪では回転数が違う為、左右の回転差を吸収する為に付いています。

センターデフ
センターデフ


 前後車軸間に装備されるディファレンシャルギア。

フロントデフ
フロントデフ


 前車軸に装備されているディファレンシャルギア。

リヤデフ
リヤデフ


 後輪軸に装備されているディファレンシャルギア。

おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.