よく読まれている記事

【違反事例など】信号無視の罰金や点数って?

信号無視の概要

 交差点の横断時に、黄信号で停止線に止まる所を、そのまま走行して
しまった経験はないでしょうか?

 実は、停止線を無視して走行してしまうと、場合によっては信号無視
となり、取り締まりの対象となってしまうので注意が必要です。

 今回は、そんな信号無視の罰金や点数などについてまとめました。


信号無視とは?

警官の取り締まり
【信号無視の基準】
 さて、そもそも信号無視とは、どのような状態を指すのでしょうか?

 信号無視は道路交通法で信号機や警察官の手信号に従うことと定義
されています。

○道路交通法第7条
道路を通行する歩行者又は車両等は、信号機の表示する信号又は 警察官等の手信号等(前条第1項後段の場合においては、 当該手信号等)に従わなければならない。

 また、赤色と黄色の信号灯火については、道路交通法施行令第2条に
よって、以下のように定められています。

○道路交通法施行令第2条
黄色の灯火
2. 車両及び路面電車(以下この表において「車両等」という。)は、 停止位置をこえて進行してはならないこと。ただし、黄色の灯火の 信号が表示された時において当該停止位置に近接しているため 安全に停止することができない場合を除く。

赤色の灯火
2. 車両等は、停止位置を越えて進行してはならないこと。
3. 交差点において既に左折している車両等は、そのまま進行する ことができること。
4. 交差点において既に右折している車両等(多通行帯道路等 通行原動機付自転車及び軽車両を除く。)は、そのまま進行する ことができること。この場合において、当該車両等は、青色の 灯火により進行することができることとされている車両等の 進行妨害をしてはならない。

 つまり、車両で道路を通行する際は、信号機や警官の手信号に従い、
黄色や赤色の灯火のルールを守らないといけないと言えますね。

 では、信号無視を行った際の罰金や点数は、どれくらいになるの
でしょうか?次の項目で確認していきましょう。


信号無視の罰金や点数は

トラックの取り締まり
【罰金と違反点数】
 さて、黄色や赤色の灯火のルールを守らない場合に取り締まりの
対象となる信号無視ですが、実際に支払う反則金や違反点数は、
どれくらいになるのでしょうか?

 信号無視の罰則については、道路交通法の119条や121条で定め
られているので、どのような内容なのか確認してみましょう。

○道路交通法第119条
次の各号のいずれかに該当する者は、3月以下の懲役又は 5万円以下の罰金に処する。

1-2. 第7条(信号機の信号等に従う義務)、第8条(通行の禁止等) 第1項又は第9条(歩行者用道路を通行する車両の義務)の 規定に違反した車両等の運転者

2. 第30条(追越しを禁止する場所)、第33条(踏切の通過) 第1項若しくは第2項、第38条(横断歩道等における歩行者等の優先) 第42条(徐行すべき場所)又は第43条(指定場所における一時停止) の規定の違反となるような行為をした者

 つまり上記の道路交通法により、赤色信号や黄色信号の無視によっては
3ヶ月以下の懲役か、5万円以下の罰金が定められており、罰金の具体的な
金額は以下のようになっています。

赤色(黄色)信号無視の罰金や点数
車種
大型車
普通車
小型特殊
反則金
9,000円
7,000円
6,000円
違反点数
2点
2点
2点

 また、道路交通法121条は以下のように定められています。

○道路交通法第121条
次の各号のいずれかに該当する者は、2万円以下の罰金又は 科料に処する。

1. 第4条(公安委員会の交通規制)第1項後段に規定する 警察官の現場における指示若しくは第6条(警察官等の交通 規制)第4項の規定による警察官の禁止若しくは制限に従わず、 又は第7条(信号機の信号等に従う義務)若しくは第8条 (通行の禁止等)第1項の規定に違反した歩行者

 上記の道路交通法により、赤色信号の点滅中、停止位置で一時停止を
行わなかったり、黄色信号の点滅中、歩行者や車両に注意して、一旦停止
や徐行を行わなかった場合に、以下の反則金の支払いなどが生じます。

信号点滅無視の反則金や点数
車種
大型車
普通車
小型特殊
反則金
7,000円
6,000円
5,000円
違反点数
2点
2点
2点

 赤信号や黄信号の無視は重大な事故につながる可能性も大きいので、
安全運転を心がけたいですよね…。


信号無視の事例

追突事故
【信号無視で車両と歩行者に衝突】
 信号のルールを守らないと取締対象となる信号無視ですが、
赤信号に無理矢理侵入して事故が起きたケースも…。

○信号無視で交差点に進入、車両と歩行者に衝突
事故を起こしたタクシー運転者は、乗客1名を乗せ運行中、乗客 とトラブルとなり、交差点の信号が赤であったにもかかわらず、 乗客に早く行けと指示されたため赤信号の交差点に進入し、 左側から走行してきた車両と衝突、更に前の横断歩道を青信号で 渡っていた歩行者をはねてしまった。

 このように信号無視に問われないためには、赤信号を確実に守るなど、
法令遵守を意識する必要があります。

※信号無視にならないための対策
  • 黄信号・赤信号を確実に守る
  • 法令遵守を意識する
  • 予測して運転する

 また、危険を予知して運転を行う防衛運転については、以下の記事に
詳しく内容がまとめられています。

○【危険予知で事故を防ぐ】防衛運転のポイントって?
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-668.html

 以上のような罰金や事例を確認した上で、事故などを起こして仕事に
支障が出ないように信号の遵守を意識して行ってみてはいかがでしょうか?
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)