よく読まれている記事

【車やトラック】車体番号の位置や職権打刻とは?

車体番号の位置はどこにある?

 車がリコールの対象になると報道されたが、どこを調べたらよいか
わからない…。

 この場合に車体番号を調べるには、どういった方法があるの
でしょうか?

 そこで今回は、車体番号の位置や調べ方についてまとめてみました。


車体番号の位置とは

車体番号の位置2
【車体番号の打刻】
 そもそも、車体番号とはどうして付けられるのでしょうか?

 これは、自動車1台1台を認識するために必要で、自動車メーカーが1台
ずつ番号の打刻を行なうことが、道路運送車両法29条2号によって定めら
れています。

○道路運送車両法29条
自動車の製作を業とする者、自動車の車台又は原動機の製作を 業とする者及び前項の指定を受けた者が自動車の車台番号又は 原動機の型式を打刻しようとするときは、その様式その他の 国土交通省令で定める事項についてあらかじめ国土交通大臣に 届け出て、その届け出たところに従い、これをしなければ ならない。

 この車体番号が必要な理由は、車の存在を公的に証明するためであり、
陸運局への届け出や車検を受けることができなくなる事や、買取の価値が
落ちてしまうことも考えられます。

 また、車体番号は自動車メーカーや車種によって位置が異なり、自動車
の場合はエンジンルーム
に、トラックの場合はタイヤハウス近辺やエン
ジンルームに打刻されていることが多くなっています。

自動車の車体番号位置
車の車体番号
トラックの車体番号位置
トラックの車体番号


車体番号の調べ方

工場での検査
【陸運局や整備工場で】
 では、車体番号を実際に調べる際は、どうしたらいいのでしょうか?

 実は、車体番号はインターネットから調べることが出来ないために、
車検証を確認するか、管轄の陸運局への問い合わせ、修理を受けた整備
工場に問い合わす方法でしか調べられません。

車体番号の調べ方
  • 車検証の確認
  • 陸運局への問い合わせ
  • 整備工場への問い合わせ
  • 車両の確認

 また、車体番号を確認することが出来たら、自動車メーカーのホーム
ページや、国土交通省のホームページ内で、リコール対象となっている
車両の検索が可能です。


車体番号の職権打刻とは

事故車の車体番号
【運輸支局が行う】
 さて、車体番号の職権打刻は、組立車や試作車、型式不明として登録
される輸入車など、車体番号の無い車両に運輸支局が打刻を行なう事を
指します。

 また、自動車の盗難によって車体番号が削られた場合や、事故により
フレーム交換が行われた場合は、ドライバーが申請する必要があります。

職権打刻とは
  • 組立車や試作車への打刻
  • 形式不明輸入車への打刻
  • 車体番号が削られた車への打刻
  • フレーム交換が行われた車への打刻

 この職権打刻は、必要書類を準備した上で陸運局に申請後、行わ
れます。

 この打刻後、打刻を行った事を証明する証書の書き換え申請も
必要になります。

職権打刻の流れ
  • 必要書類の用意
  • 打刻の申請
  • 打刻
  • 打刻後証書換え申請

 また、職権打刻の申請に必要な書類は、所有者の印鑑が押された塗抹
許可申請書などが挙げられます。

職権打刻申請時の必要書類
  • 塗抹許可申請書
  • 製造証明書
  • 車検証コピー
  • 旧打刻のコピーや写真

 さらに、打刻が行われた後に必要な打刻後証書換え申請には、OCRシート
や印紙代350円を支払うための手数料納付書などが必要です。

打刻後証書換え申請の必要書類
  • 手数料納付書
  • OCRシート2号(又は10号も)
  • 車検証
  • 委任状

 職権打刻の申請から証書の発行までは1週間程度で行え、証書の発行後は
車検証や自賠責保険、任意保険の変更登録が必要となるので、忘れずに変更
を行ってください。

打刻後証書発行後の変更書類
  • 車検証
  • 自賠責保険
  • 任意保険
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)