よく読まれている記事

雪道での駆動方式はどれが最適?

雪道での駆動方式はどれが最適?

雪  「雪道」で活躍するのは、
 二輪駆動式の2WDと四輪駆動式の4WDどちらがいいと言ったら  やはり不整地に強い4WDでしょう。
 しかし4WDは2WDよりコストがかかるので、購入するのはちょ っと躊躇しますよね。

 「雪道」では「2WD」で走るのは危険なのでしょうか?それとも 何かチェーンなどの装備品をつければいいのか、運転でより気を 付けることがあるのか。
 雪道で走る時は、どの駆動式がいいのか。調べてみました。



駆動方式
【FF】
FFとは「フロント・エンジン・フロントドライブ」の略。
前にエンジンがあり、前のタイヤが動きます。車の駆動方式としては最も多い型式です。

【FR】
FRとは「フロントエンジン・リアドライブ」の略。
前にエンジンがあり、後ろのタイヤが動きます。エンジンからのプロペラシャフトによって後輪に動力が伝わります。

【RR】
RRは「リアエンジン・リアドライブ」の略。
後ろにエンジンがあり、後ろのタイヤが動きます。


【4WD】
4WDは「4(four) Wheel Drive」の略。「四輪駆動式」。
近年ではAWD(All Wheel Drive)やAWC(All Wheel Control)と呼ぶこともあります。
前にエンジンがあり、前輪と後輪を同時に駆動させます。

【2WD】
2WDは「2(two) Wheel Drive」の略。「二輪駆動方式」。
駆動する車輪が2つのものをいいます。


駆動方式別の注意

【FF方式】
 雪道は比較的走りやすい。
 ただし、気を付けなければならないのはタックイン(旋回中にアクセルを閉じると、ハンドルを切っている方
 式に急激に切れ込む現象のこと。)です。
 特にチェーンをつけているときにおこりやすいです。
 
 カーブの最中でアクセルを話すと前輪にだけエンジンブレーキが強くかかり後ろがスライドしていきます。こ
 の時、あわててブレーキを踏まず、ペダルは何も踏まないでカウンターステアを当ててあげます。そのままア
 クセルを踏みなおせばドリフト走行に持ち込みます。
 
【FR方式】
 雪道では一番弱く、走りにくいです。
 坂を上ろうとすると、後ろが左右にゆられます。下ろうとすると、前のタイヤが滑ります。
 前が強く効く分、駆動が伝わっていない前輪がロックしやすくなります。特にATで気を付け化ければならな
 いのはクリープ現象(アクセルペダルを踏むことなく、エンジンがアイドリングの状態で車両が動く現象のこ
 と。)です。

【RR方式】
 基本的にFR方式と同じです。
 ただし、エンジンが前にないので、熱源がないためフロント周りに雪がたまります。
 フロントフェンダー内に雪がたまるとタイヤにぶるかってハンドルが切れなくなりますので、こまめに雪を
 落としましょう。

【4WD】
 不整地に強い4WD。雪道も例外ではなく、最も雪道には能力を発揮します。
 4WDでスタッドレスタイヤを履いていれば、圧雪路では、ほとんど気にせず走れます。
 ただし、いくら大丈夫だからといって無理して普通の道路と同じように走ると事故をおこすので、無理な追
 い越し等は絶対にやめましょう。

関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)