よく読まれている記事

【一般道や高速道路】バスのシートベルト着用義務とは?

一般道ではシートベルトを外しても大丈夫?

 高速バスで高速道路を乗車中、シートベルトを着用していたが、
サービスエリアで降りた後、そのまま外してしまっていた…。

 このような場合は、本当にシートベルトを外してしまっても
大丈夫だったのでしょうか?

 そこで今回は、バスのシートベルト着用や事故についてまとめて
みました。


シートベルトの義務化

【後部座席も着用義務化】
座席のシートベルト  さて、シートベルトの着用義務化については、平成20年6月より自動車
の後部座席でもシートベルトの着用が義務化
されました。

 これにより、高速道路や自動車専用道路で後部座席のシートベルト着用
が見られなかった場合は行政処分となり、バスの場合は運転手が加点対象
となってしまいます。

○道路交通法第71条の3
2.自動車の運転者は、座席ベルトを装着しない者を運転者席以外 の乗車装置(当該乗車装置につき座席ベルトを備えなければなら ないこととされているものに限る。以下この項において同じ。) に乗車させて自動車を運転してはならない。

 上記の道交法により、自動車とバスの後部座席のシートベルト着用に
ついては、以下のように分類されます。

車種
自動車
バス
一般道
義務
免除
高速道路
義務
義務

 このため、高速バス会社は座席へのシートベルト設置や着用を貼り紙や
アナウンスで呼びかけていますが、一般道を走行しているバスに関して
は、シートベルトの着用が免除されています。

バスのシートベルト着用
  • 後部座席(客席)も義務付けられている
  • 一般道を走行しているバスは免除される


一般道での着用は

【習慣化されていない】
シートベルトをしない乗客  さて、一般道を走るような観光バスの場合は、後部座席のシート
ベルト着用が義務化されていませんが、何故シートベルトを外して
いる場合が多いのでしょうか?

 この理由は、シートベルトの着用が習慣化しておらず、乗客への
罰則もないためであり、休憩時間など観光地で下車する際に外した
ままそのままでいる人も多く見受けられます。

シートベルト着用が広まらない理由
  • 着用が習慣化していない
  • 罰則がない

 また、警察とJAFが調査した2014年の自動車のシートベルト着用
状況全国調査では、後部座席の着用率は35.1%と低く、未だに着用
が定着していない状況です。

 さらに、先日のバス転落事故では、乗客のほとんどがシートベルト
を着用しておらず、亡くなった15人中1人しかシートベルトをして
いなかったため、被害が広がったと言われています。


事故が起きた際は

【死亡率が極めて高い】
バスの事故  では、シートベルトをしていない状態で事故がおきると、どのような
衝撃が体に加わるのでしょうか?

 車の場合にシートベルトを着用しないでコンクリートの壁に衝突した
場合は、ビルの3階から8階程度から落下した際と同様の衝撃が加わって
しまいます。

○衝突の速度と衝撃の関係

速度
ビルの高さ
時速40km
ビル3階程度
時速60km
ビル5階程度
時速80km
ビル8階程度

 また、2010年の警察統計によると、後部座席でシートベルトをしていない
状態で事故にあうと死亡率が3倍以上になると言われ、バスの場合は高エネ
ルギー外傷という身体の広範囲の組織が破壊される外傷が加わり、即死する
可能性が極めて高くなります。


後部座席のシートベルト非着用時の事故
  • 自動車の場合…死亡率が3倍以上
  • バスの場合…即死率が極めて高い

 しかし、現状はバスの運転手がシートベルト着用の確認を取れず、バスの
中で寝る際などにシートベルトを外していることが多くなっています。

 バスの中でシートベルトを外すのは自己責任ですが、事故が起きた際の事を
考えると非常に危険な行為といえるので、一般道といえどもバスの中では
シートベルトの着用を心がけましょう。
関連記事

Comment

シートベルトの違反に関しては、シートベルトを装着していない本人に反則金や罰金を課すべきである。
(支払い能力の無い未成年の場合は保護者が支払う)
そうすれば、一般車両の同乗者や、タクシーやバスの乗客のシートベルト装着率が高まるのは確実。
同乗者の装着違反までも運転手に罰則を課す現在のルールでは、同乗者(特に乗客)のシートベルト装着に対する意識は低いままだろう。
  • 2016/04/11 18:39
  • RE-13B
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)