2WDと4WDの違いは?

2WDと4WDの違いは?
フルタイム4WD構造
2WDと4WDについては前、前々の記事で散々いってきましたが、もっと詳しくつっこんでこの2つの違いがなんなのかを調べてみようと思います。

駆動方式が違う他に何か走行性や安全性、コストなどの
2WD」と「4WD」の違いはなんなのでしょうか?

2WD

2WDは「2(two) Wheel Drive」の略。「二輪駆動方式」。
駆動する車輪が前輪もしくは後輪の2輪が駆動論となるものをいいます。
エンジン配置と駆動輪の組み合わせから
「FF(フロントエンジン・フロントドライブ)」
「FR(フロントエンジン・リアドライブ)」
「MR(ミッドシップエンジン・リアドライブ)」
「RR(リアエンジン・リアドライブ)」
があり、こちらで呼ばれることが多いです。


4WD

4WDは「4(four) Wheel Drive」の略。「四輪駆動式」。
近年ではAWD(All Wheel Drive)やAWC(All Wheel Control)と呼ぶこともあります。
前にエンジンがあり、前輪と後輪を同時に駆動させます。

常時四輪を駆動させている「フルタイム4WD」と、必要に応じて二輪駆動と四輪駆動を切り替えられる「パートタイム4WD」があります。

2WDと4WD

【走行性】
整備された道路では、4WDだと車両が重いため、加速性能がおちることと、コーナリングで曲がりにくいこともあり、2WDのほうが走りやすそうです。
しかし、雪道の時の登坂の場合、FFだと登りは強いですが下りのカーブで、バックが回ることも多々あるようです。

雪道や、整備されていない道などの不整地、急な上り坂では4WDが強いです。
【コスト・燃費】
2WD(二輪駆動)は比較的構造が単純であるためコストが低く重量が軽いのに対し、4WD(四輪駆動)は、重量が重い分燃費が悪くなり、値段も同じ車種でも10万近く差がでることもあるそうです。

【旋回時】
雨等で濡れた路面上などで限界付近の走行した時の違い。
前輪駆動(FWD)
FWD 後輪のコーナリングフォースには余裕がありますが、前輪の大きな駆動力の要求に伴ってコーナリングフォースが低下し、前輪が旋回円の外側に膨らむため道路を維持できなくなってしまいます。
(アクセルを戻せば元の旋回円の方向に戻ります。)

後輪駆動(RWD)
RWD 前輪のコーナリングフォースに余裕がありますが、後輪の大きな駆動力の要求に伴ってコーナリングフォースを低下し、後輪が旋回円の外側に流れだしてしまい、車体がスピン傾向となってしまいます。

四輪駆動(4WD)
4WD 上記の2つに比べて、4WDでは前後輪に必要となる駆動力が配分されるため、前輪または後輪のコーナリングフォースがあがり旋回進路を維持できる幅が高くなり、安全性が向上することになります。

しかし、コーナリングフォースが限界となるような状況では4WDだろうと、旋回走行が不可能になります。
その時の挙動は、型式や車両特性により異なりますが、いずれにしてもFWDとRWDの中間的な挙動を示すといわれています。


雪道などの不整地を走る場合でしたら、安全性と走行性から考えて「4WD」が良いですが、そうでない場合は燃費やコストのことを考えて「2WD」の方が良さそうです。
※最近のトラックでは2WDと4WDの切り替えが行えるものが多くなってきています。
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.