【小型から大型まで】散水車のレンタル料金相場は?

散水車をレンタルする際の料金相場は

 路面の清掃や、アスファルトの冷却にも使用される車両である、
散水車。

 この散水車を借りる際は、事前にいくら位費用が必要なのか、
レンタル時に注意するべき点などを、先に知っておきたい
ですよね。

 そこで今回は、散水車のレンタル相場についてまとめました。
散水車のレンタル料金相場は?

散水車ドライバー
【レンタル料金の相場は】
 さて、散水車をレンタルする場合に必要となる料金とは、
いくらぐらいなのでしょうか?

 散水車のレンタル用車両は、主に積載量2トンから4トン車
までがあり、24時間レンタルできる場合が多くなっています。

●散水車のレンタル料金相場

積載量
2トン
4トン
A社
¥13,000
¥19,000
B社
¥15,000
¥20,000
C社
¥13,000
--------

 また、レンタル業者によっては散水車のレンタル時に、給水費用を
別途要求される場合もあります。

 以上の金額から、散水車をレンタルする際の金額は、大体1万3千円
から2万円程度
必要と言えますね。


散水車をレンタルする際の注意点は?

レース場の散水車
【タンクの扱いに注意】
 さて、ここまでは散水車のレンタル料金について説明してきましたが、
実際にレンタルする際に注意しないといけない点とは、どんな点が
あるのでしょうか?

※散水車をレンタルする際の注意点
  • 作業終了後の水抜き
  • 返却前の車体清掃
  • 保険の加入

 散水車を借りて作業を終えたら、タンクの水抜きを行わないと、
ポンプの水詰まりや配管破裂、ポンプの凍結などの原因になってしまう
ので、注意しましょう。

 また、トラックや重機などを借りる際と同様に、返却前の車体清掃や
給油、万が一の故障や事故に備えた保険の加入も行いましょう。


散水車の免許や資格は

道路の散水車
【レンタルに必要な免許・資格】
 ここまでは、散水車のレンタル料金相場や注意点などを説明して
来ましたが、レンタル時に必要な免許や資格とは、何があるの
でしょうか?

 散水車を運転・操作する際は普通免許から大型免許まで
あれば、水の有無に関係なくタンク容量に応じた車両を運転
することができます。

 また、散水車のタンク容量は2,000Lから10,000Lまでに
分類されます。

●運転可能なタンク容量
  • 普通免許
    タンク容量2,000L~3,000L
  • 中型免許
    タンク容量4,000L
  • 大型免許
    タンク容量8,000L~10,000L

 また、散水車の運転に必要な免許や資格についてまとめた記事も
あるので、気になる方は以下のURLをご覧ください。

○散水車の運転に必要な免許や資格は?
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-496.html

 ちなみに、散水車に使われるトラックのメーカーや車種は、以下の
ようになっています。

●散水車のメーカーと車種

メーカー
2トン
4トン
三菱ふそう
キャンター
ファイター
いすゞ
エルフ
フォワード
日野自動車
デュトロ
レンジャー

 以上のようなレンタル料金や必要な免許などを確認した上で、
散水車をレンタルしてみてはいかがでしょうか?


その他の重機やトラックのレンタル料金相場

沢山の重機
【その他のレンタル料金相場紹介】
 さて、今回の散水車以外にも、世の中には様々なトラックや
重機がありますよね。

 これらのトラックや重機のレンタル料金相場をまとめた記事も
ありますので、気になる方は以下のURLをご覧ください。

○トラック・重機のレンタル料金まとめ
http://torack7.blog.fc2.com/?tag=トラック・重機レンタル料金シリーズ
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.