よく読まれている記事

自動車検査員の年収と必要な資格が知りたい!

車検の責任者に必要な資格や年収のまとめ

 車検の際に、車が道路運送車両の保安基準に適しているか判断する、
自動車検査員。

 この自動車検査員になるには、どのような資格が必要なんでしょうか?

 そこで今回は、自動車検査員に必要な資格や年収などを
まとめてみました。


自動車検査員とは?

【自動車検査員について】
自動車検査員2  自動車検査員とは、運輸局長の指定を受けた民間車検場で、検査の責任
を担うことができる、国家資格です。

 この資格があれば、車検を終了した車が道路運送車両の保安基準に
適しているか判断し、署名捺印することが出来ます。

 また、この資格は業務独占資格になるので、他の資格では代えられない
という特徴も持っています。

自動車検査員とは
  • 民間車検場で検査責任を担う
  • 保安基準に適しているか判断する
  • 業務独占資格

 さらに、国が行う業務を代行するので、刑罰の適用については公務員と同じ
「みなし公務員」扱いになります。

 また、職務上知り得た秘密を保持する守秘義務と、車の使用者から金銭を
授受し、不正に保安基準適合証に署名捺印することが禁じられています。

自動車検査員の立場とは
  • みなし公務員扱い
  • 守秘義務を負う
  • 不正に署名捺印しない


自動車検査員になるための資格は

【必要な資格は】
検査員の検査模様  さて、自動車検査員になるための資格は、1級か2級自動車整備士資格を
取得後、整備主任者として1年以上の実務経験を積み、事業者の推薦を
受けないといけません。

 さらに、直近の整備主任者研修を欠席していないことも条件に
なります。

自動車検査員の必要資格
  • 1級か2級の自動車整備士資格
  • 整備主任者として1年以上の実務経験
  • 事業者の推薦を受ける
  • 直近の整備主任者研修を欠席していない

 または、独立行政法人に就職し、国の検査場で検査を行う自動車検査官
か、軽自動車検査員の経験がある場合も、必要資格として活かすことが
できます。

自動車検査員の必要資格2
  • 自動車検査官か、軽自動車検査員の経験がある

 これらの資格を持った上で、自動車検査員教習の受講と、修了試験に
合格しないと、自動車検査員にはなれません。

自動車検査員の試験など
  • 自動車検査員教習の受講
  • 検査員教習の修了試験に合格


自動車検査員の年収や合格率は

【自動車検査員になれたら】
検査員たち  さて、晴れて自動車検査員になれた場合の年収は、およそいくら位に
なるのでしょうか?

 自動車検査員の年収は、平均すると大体400万~500万円前後
で、工場によっては資格手当が出る場合もあるので、もう少し上に
いくようです。

自動車検査員の年収
  • 400万~500万円前後
  • 資格手当が出る場合も

 また、自動車検査員の試験は半年に1回行われ、受験人数は東京の会場
だけで、1回につき計3,700人程度の受験者が集まっているようです。

 さらに、合格率は非公開ですが、年度や時期によって変動すると
言われています。

自動車検査員の試験
  • 東京での受験者は3,700人程度
  • 合格率は非公開

 この自動車検査員は国家試験の中では比較的取りやすいと資格であると
言われ、難易度のレベルは偏差値53程度であり、運転免許の偏差値35と
比べると少々難しくなっています。

自動車検査員の偏差値
  • 偏差値53程度
  • 運転免許は偏差値35程度

 ちなみに、自動車検査員の教習料は以下のようになっているので、
受講を考えている方は参考にしてみてはいかがでしょうか?

自動車検査員の教習料
  • 受講料… 5千円~4万円程度
  • 教材費… 2万円~3万円程度
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)