【免許や車両】特定大型車とは?

特定大型車の概要

 街で見かける、大型トラックによるダンプトラックやミキサー車。

 これらの車両は特定大型車に分類されますが、一体どのような基準が
あるのでしょうか?
 一見、車両の種類が異なるので、基準が分からない方も多いかと
思います。

 そこで今回は、特定大型車の免許や車両についてまとめました。
そもそも特定大型車とは?

大型ダンプトラック
【特定大型車の定義】
 そもそも、特定大型車とはどんな車両なのでしょうか?

 特定大型車は、2007年に制定された車両区分で、旧大型車両、特大車、
政令大型車といった名称もあります。

 この特定大型車とは、主に以下の基準のうち1つを満たしている自動車の
事を指しています。

特定大型車の定義
  • 最大積載量 6.5t以上
  • 車両総重量 11t以上
  • 乗車定員 30人以上

 以上の定義に加えて、砂やじゃり、土やアスファルト、コンクリートや
火薬類の運搬に使用されたり、消防車などの緊急自動車として活用されて
いる事も条件になります。

特定大型車の業務形態
  • 砂やじゃりの運搬
  • 土の運搬
  • アスファルトの運搬
  • コンクリートの運搬
  • 火薬類の運搬
  • 緊急自動車

 ちなみに、上記の条件に当てはまる車両で、自衛官が運転している
自衛隊専用自動車は、特定大型車に該当しません。


特定大型車の免許や資格

大型トラックのドライバー
【運転に必要な資格】
 さて、上記のように定義される特定大型車ですが、運転を行うために
必要な免許や資格は何があるのでしょうか?

 特定大型車は、大型車の免許を取得すれば上項の車両を運転できる
ようになっています。

 この大型車の免許は、年齢が21歳以上で、普通免許や中型免許、大型
特殊免許を取得してから3年以上が経過していることが、取得の条件に
なります。

特定大型車の運転資格
  • 年齢が21歳以上
  • 普通、中型、大型特殊免許を取得
  • 免許取得から3年以上

 ちなみに、大型免許の取得するための豆知識は、以下の記事に詳しく
まとめているので、気になる方はご覧になってみて下さい。

○大型自動車免許を取得するための豆知識
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-42.html


特定大型車の車両は

大型消防車
【特定大型車の車種】
 では、特定大型車の車両とは、どんな種類があるのでしょうか?

特定大型車の車両
  • ダンプトラック
  • ミキサー車
  • 緊急自動車
  • 路線バス
  • 火薬類積載車

 ちなみに、高速道路では特定大型車のバス、ダンプやミキサー車など
普通貨物自動車が特大車の料金となることが多くなっています。

 特定大型車の車両は上記のような種類がありますが、この中でもダンプ
トラックとミキサー車、緊急自動車は以下のようなメーカーの車両が採用
されています。

特定大型車の車種・車両
車両の種類
ダンプ
ミキサー車
緊急自動車
日野
レンジャー
プロフィア
レンジャー
いすゞ
ギガ
ギガ
ギガ
ふそう
スーパーグレート
ザ・グレート
スーパーグレート
UD
クオン
ビッグサム
ビッグサム

 このように、車両や車種によって、用途が分類されていることが
わかりますね。
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.