【免許や標識】特定中型自動車とは?

特定中型自動車の概要

 観光地での送迎バスなどに使われる、マイクロバス。

 この車両は特定中型自動車に分類されますが、一体どのような基準が
あるのでしょうか?
 また、中型自動車との違いは、どのような点があるのでしょうか?

 そこで今回は、特定中型自動車の免許や標識についてまとめました。
そもそも特定中型自動車とは?

マイクロバス
【特定中型自動車の定義】
 そもそも、特定中型自動車とはどんな車両なのでしょうか?

 特定中型自動車は、2007年に制定された車両区分で、大型車よりの
中型車のことを指します。

 この特定中型自動車とは、主に以下の基準を満たしている自動車が
対象になります。

特定中型自動車の定義
  • 最大積載量 5t以上6.5t未満
  • 車両総重量 8t以上11t未満
  • 乗車定員 11人以上29人以下

 2007年以前では、以上の定義の車両は普通自動車や大型自動車に区分
され、マイクロバスや4トントラックが対象車両となっていました。

 しかし、4トントラックを普通免許で運転した際に事故が多発したため
2007年に法律が改定され、中型免許が新たに設立されました。

 さらに、上記のマイクロバスや4トントラックが、特定中型自動車
として制定されました。

特定中型自動車制定の理由
  • 普通免許での4tトラック事故多発

 ちなみに、特定中型自動車は2ナンバーか大板のナンバープレート
を備えているので、この点でも見分ける事ができます。


特定中型自動車の免許や資格

免許センター
【運転に必要な条件】
 さて、上記のように定義される特定中型自動車ですが、運転を行うために
必要な免許や条件は何があるのでしょうか?

 特定中型自動車は、中型免許か大型免許を取得すれば上項の車両を
運転できる
ようになっています。

 この中でも中型免許は、年齢が20歳以上で、普通免許や大型特殊免許を
取得してから2年以上が経過していることが、取得の条件になります。

 大型免許は、年齢が21歳以上で、普通免許や中型免許、大型特殊
免許を取得してから3年以上が経過していないといけません。

特定中型自動車の運転資格
  • 年齢が20歳以上
  • 普通や中型、大型特殊免許を取得
  • 免許取得から2年から3年以上経過

 また、2007年以前に普通免許を取得した人の免許である、8t限定
免許と中型免許の違いついては、以下の記事に詳しくまとめられて
います。

○中型免許と中型8t限定解除の違いって何?
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-413.html

 さらに、2017年までに設立される予定の、準中型免許については
以下の記事に詳しくまとめているので、気になる方はご覧になって
みてください。

○【いつから施工】準中型免許の最大積載量や定員とは?
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-841.html


中型自動車との違いや標識

大型貨物車通行止め
【最低重量が異なる】
 では、特定中型自動車と中型自動車の違いは、どこにあるのでしょうか?

 この違いは、総重量や積載量の最低重量があてはまります。

特定中型自動車と中型自動車の違い
車種
総重量
積載量
特定中型自動車
8t以上11t未満
5t以上6.5t未満
中型自動車
5t以上8t未満
3t以上5t未満

 また、特定中型自動車は大型免許でも運転できるように、道路標識では
大型車扱い
になり、大型貨物自動車や大型乗用自動車、大型自動車の
掲示があれば標識内容の対象となります。

特定中型自動車の対象標識
  • 大型貨物自動車
  • 大型乗用自動車
  • 大型自動車

 このように、中型自動車と呼ばれる車両の中にも、細かい分類がある
ことがわかりますね。
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.