よく読まれている記事

【法律や規格】フォークリフトのヘルメット着用義務とは?

フォークリフト操作にヘルメットは必要?

 近所の工場で、フォークリフト操作時にヘルメット(保護帽)を被って
いないのを見かけた…。

 このような場合は、本当にヘルメットを被っていなくても大丈夫なの
でしょうか?

 そこで今回は、フォークリフトのヘルメット着用や事故についてまとめて
みました。


ヘルメット着用の義務

【着用が推奨される】
フォークリフトの操作中  さて、フォークリフト作業時のヘルメットは、2m以上の高所作業時や、
物体の飛来の恐れがあるときなどに、着用が義務付けられています。

労働安全衛生規則539条
事業者は、船台の附近、高層建築場等の場所で、その 上方において他の労働者が作業を行なつているところ において作業を行なうときは、物体の飛来又は落下に よる労働者の危険を防止するため、当該作業に従事する 労働者に保護帽を着用させなければならない。

2.前項の作業に従事する労働者は、同項の保護帽を着用 しなければならない。

 また、他の条件でフォークリフト作業を行う場合は、各事業所の規定に
よってヘルメットの着用が定められています。

 しかし、過去に災害事例がある場合や、労働災害防止のためのリスク
アセスメント上、ヘルメットは常に着用した方が良いと言えます。

フォークリフトのヘルメット着用
  • 過去に労働災害があった場合
  • リスクアセスメントの為


法律や規格

【国が定めた物を】
ヘルメットを被った女性  では、上記のヘルメットの着用は、安全衛生法以外にも法律などで定め
られていないのでしょうか?

 フォークリフト作業時のヘルメットの着用については、昭和50年に
厚生労働省によって、「行政指導通達による保護帽の着帽規定」が発表
され、着用が推奨されました。

ヘルメット着用の定め
  • 昭和50年から着用推奨

 また、フォークリフト用ヘルメットは、国が定める保護帽規格である、
労検ラベルが付いたものを選びましょう。

 この保護帽規格は、飛来・落下物用、墜落時保護用、感電防止の電気用
に分かれていますので、作業の内容にあったヘルメットを選ぶ必要が
あります。

ヘルメットの規格
  • 飛来・落下物用
  • 墜落時保護用
  • 感電防止の電気用

 さらに、ヘルメットのサイズは53cmから62cmが主流であり、大きめの
64cmや、小さめの47cmなども作られていますので、頭にあったサイズを
選べます。

ヘルメットのサイズ
  • 53cmから62cm
  • 大きめの64cm
  • 小さめの47cm


事故が起きた際は

【死亡の可能性も】
フォークリフトの事故  さて、ヘルメットをしていない状態で事故が起きると、どのような
被害が発生するのでしょうか?

 フォークリフト作業時にヘルメットを着用しないでいると、頭部に
大ケガを負う可能性があります。

 フォークリフトの運転手がヘルメットを被らず、首を出しながら バック走行していたら、後方にある柱とリフトのガードに頭を挟ま れた。

この事故により、運転手が重傷を負った。

 このようなフォークリフトの事故は、年間2000件近く発生しており、
毎年20人から30人程度が事故により亡くなっています。

フォークリフト事故件数(カッコは死亡事故)
  • 平成23年…2,054件(33件)
  • 平成24年…1,982件(24件)
  • 平成25年…1,904件(25件)

 また、フォークリフトの事故状況は、主に挟まれや転倒、墜落や激突の
順に発生することが多くなっています。

 このような事故から身を守るためにも、フォークリフト乗車時は常に
ヘルメットを被ることを意識した方が良い
でしょう。

 ちなみに、フォークリフト作業中に起きた事故については、以下の
記事に詳しくまとめてありますので、ご覧になってみてはいかが
でしょうか?

○【原因・対策は?】フォークリフト作業中に起きた事故の事例を教えて!
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-512.html
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)