【症状や修理】パワーゲート故障時の原因や対策

パワーゲートが突然動かなくなる

 トラックなどに荷物を積み下ろす際に活用される、パワーゲート
(テールゲート)。

 このパワーゲートが、ある日突然動かなくなったら困りますよね。
 このような状況になったら、どう対処すればよいかわからない方も
多いのでは?

 そこで今回は、パワーゲート故障時の原因や対策、対処について
まとめてみました。
パワーゲートの故障とは

古いパワーゲート
【故障の症状】
 さて、あると便利なパワーゲートに故障が発生すると、どんな事が
起こってしまうのでしょうか? 

 このパワーゲートの故障が発生した際は、以下のような症状が
現れます。

パワーゲートの故障の症状
  • 上げ下げできない
  • 途中で止まる
  • 突然落下する
  • オイル漏れが起こる

 このようなパワーゲートの故障をそのまま放っておくと、車両を動かせ
なくなり、仕事に支障が出る恐れも…。

 そんな事態に陥らないためにも、パワーゲート故障の原因と対策に
ついて見て行きましょう。


故障の原因や対策

パワーゲートの点検
【定期的な点検を】
 パワーゲートが故障を起こす原因としては、電源スイッチの不良、
シリンダの油漏れ、ブラシの摩耗、モーターの配線断線などが
挙げられます。

パワーゲートの故障が起こる原因
  • 電源スイッチの不良
  • シリンダの油漏れ
  • ブラシの摩耗
  • モーターの配線断線

 このような故障を起こさないための対策としては、パワーゲートの
不調時や車検時に、点検を行う事
が挙げられます。

 さらに、使用状況によって年数は変わりますが、ゲートの定期点検や、
作動油などのパーツを定期的に交換すれば、7年程度は持つこともある
そうです。

 ちなみに、パワーゲートの定期点検は、整備工場によっては3000円程度
で行えるところもあります。

パワーゲートの故障対策
  • 不調時や車検時の点検
  • 定期点検
  • パーツの定期交換


故障時の対処方法や費用

パワーゲートの修理
【故障してしまったら】
 さて、このパワーゲートの故障が発生した場合はどのような対処を
行えば良いのでしょうか?

 故障が発生した場合の対処は、各パーツの修理・交換を整備工場などで
行う必要
があるので、最寄りの整備工場やディーラーに相談して、修理
内容を確認しておきましょう。

 この際、各パーツの修理・交換にはおよそ10万円から20万円程度の費用
が必要になります。

パワーゲートの修理・交換費用
  • シリンダの交換… 12万円程度
  • テーブルの交換… 20万円程度

 また、パワーゲートのパーツの修理や交換が効かない場合、新たに
ゲートを取り付けるとなると、50万円から150万円程度の費用が必要に
なるようです。

パワーゲートの取り付け費用
  • 50万円~150万円程度

 このように、パワーゲートの修理や交換は安い金額ではないので、普段
からマメに点検やパーツの交換を行えば、高い交換費用を支払う必要も
なくなるでしょう。
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.