よく読まれている記事

【違反事例など】横断歩行者等妨害等の罰金や点数って?

横断歩行者等妨害等の概要

 車で横断歩道を通過する際に、歩行者と接触しそうになったことは
ありませんか?

 実は、横断歩道を渡る歩行者等を進路妨害してしまうと、横断歩行者
等妨害等となり、取り締まりの対象となってしまうので注意が必要です。

 今回は、横断歩行者等妨害等の罰金や点数などについてまとめました。


横断歩行者等妨害等の概要とは?

横断歩道を渡る家族
【横断歩道で通行を妨げない】
 さて、そもそも横断歩道とは、どのような道路を指すのでしょうか?

 この横断歩道とは歩行者が道路を安全に横断するために、道路上に白の
縞模様が示されている区域であり、主に交差点や、渋滞が起こりやすく
横断するのが危険な場所に設けられています。

横断歩道とは
  • 歩行者が安全に道路を横断するために示されている
  • 道路上に白の縞模様がペイントされている
  • 交差点や渋滞が起こりやすい地点に設けられる

 このような横断歩道を自動車で通過する際は、歩行者や自転車が明らか
にいない場合以外は、横断歩道の直前で一時停止を行い、歩行者等の通行の
妨げを行なわないようにしないと、
横断歩行者等妨害等の違反に問われて
しまいます。

 また、道路交通法第38条では、以下のように定義されています。

○道路交通法第38条
車両等は、横断歩道又は自転車横断帯(以下この条に おいて「横断歩道等」という。)に接近する場合には、 当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等により その進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車 (以下この条において「歩行者等」という。)がない ことが明らかな場合を除き、当該横断歩道等の直前 (道路標識等による停止線が設けられているときは、 その停止線の直前。以下この項において同じ。)で 停止することができるような速度で進行しなければ ならない。この場合において、横断歩道等によりその 進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等が あるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、 その通行を妨げないようにしなければならない。

2.車両等は、横断歩道等(当該車両等が通過する際に 信号機の表示する信号又は警察官等の手信号等により 当該横断歩道等による歩行者等の横断が禁止されている ものを除く。次項において同じ。)又はその手前の直前 で停止している車両等がある場合において、当該停止 している車両等の側方を通過してその前方に出ようと するときは、その前方に出る前に一時停止しなければ ならない。

3.車両等は、横断歩道等及びその手前の側端から前に 三十メートル以内の道路の部分においては、第三十条 第三号の規定に該当する場合のほか、その前方を進行 している他の車両等(軽車両を除く。)の側方を通過 してその前方に出てはならない。

 以上のように、横断歩道を通過する際は、歩行者や自転車の姿が
無いか充分確認してから進みましょう。


横断歩行者等妨害等の罰金や点数は

警官の取り締まり
【罰金と違反点数】
 さて、横断歩道の歩行者等を妨げた場合に取り締まりの対象となる
横断歩行者等妨害等ですが、実際に支払う反則金や違反点数は、どれ
くらいになるのでしょうか?

 ここでは、横断歩行者等妨害等の反則金及び違反点数をまとめて
みましたので、確認してみましょう。

横断歩行者等妨害等の反則金や点数
車種
大型車
普通車
小型特殊
反則金
12,000円
9,000円
6,000円
違反点数
2点
2点
2点

 時間がない時に、歩行者等の確認を充分行わず横断歩道を通過すると
追突事故を起こす可能性もあるので、ルールを守って運転しましょう。


横断歩行者等妨害等の概要の事例

横断歩道を渡る人
【横断歩道の2m範囲に老人が】
 横断歩道の歩行者等を妨げた場合に取締対象となる横断歩行者等妨害等
ですが、横断歩道の2m範囲に老人がいたため、警察の取り締まりを受けた
ケースも…。

○横断歩道の2m範囲に老人が
先日横断歩行者横断妨害で9000円の罰金を科せられました 状況は側道から本線へ右折し60m位に横断歩道があり、 その先の交差点(70m位)で信号待ちしてる所に右側から 警察官が出てきて前の横断歩道に老人が居たと言い免許証 提示という運びとなりました(スピードは出してません)。

自分が全く身の覚えがない言っても信じてもらえません でした(確か横断歩道から2m範囲に老人が居たと言っていた)

 このような取り締まりを受けないためには、横断歩道の通過前に
以下のような対策をとれば良いのではないでしょうか?

※横断歩道の通過前に行う対策
  • 歩行者等や横断歩道手前で歩行する人等の確認
  • 慢心運転を行わない

 以上のように横断歩道前で歩行者等の確認を行い、運転に緊張感
を持てば
事故も防げるので、横断歩道での安全確認を意識して行って
みてはいかがでしょうか?
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)