【メリットやデメリット】チャーター便の意味や料金とは

チャーター便の意味とは

 企業間などで必要となる大量の荷物を、一度にまとめて送りたい。

 このような場合は、チャーター便(貸切便)を使えば荷物をまとめて
送る事ができます。
 このチャーター便とは、どのような輸送形態なのでしょうか?

 そこで今回は、チャーター便の意味や料金などをまとめました。
そもそもチャーター便とは?

宅配スタッフ
【貸切便の意味】
 トラックのチャーター便とは貸切便や専属輸送とも呼ばれ、荷物を
荷主専用のトラックで輸送する事ができます。

 このトラックのチャーター便では、ボックスチャーター便と呼ばれる
専用ボックスに入れた荷物を指定の時間に届けるシステムが活用され、
納品時間も細かく指定することが出来ます。

トラックのチャーター便とは
  • 荷物を荷主専用のトラックで輸送
  • 専用ボックスを指定の時間に届けられる

 また、ボックスチャーター便の料金は都道府県間や指定時間によって
変動し、荷物を詰められるボックスは幅100cm、奥行き100cm、
高さ170cm程度の大きさになっています。

ボックスチャーター便の特徴
  • 料金は都道府県間や指定時間で変動
  • 高さ170cm程度のボックスに荷物を詰める

 ちなみに、一台の車両に複数の荷主の貨物を積合せて輸送する積合せ
輸送については、以下の記事に詳しくまとめられています。

○積合せ輸送の仕組みとは?メリットやデメリットなど
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-745.html


チャーター便の料金

【ボックスチャーター便使用時】
トラックのイラスト  では、実際にチャーター便を導入した場合は、いくらぐらいの料金が
かかるのでしょうか。

 今回は、東京から大阪間で、ボックスチャーター便を使用した際の
基本料金について調べてみました。

会社名
福山通運
日本通運
ヤマト運輸
名鉄運輸
西濃運輸
金額
17,400円
17,400円
18,000円
18,000円
19,100円

 このように、東京から大阪までチャーター便を利用した場合は、
1万7千円から1万9千円程度かかる事が分かりますね。


チャーター便のメリット・デメリットは?

【チャーター便のメリット】
倉庫のイラスト  さて、チャーター便の利用にはどのようなメリットがあるの
でしょうか?

チャーター便のメリット
  • 物量に応じた配送でコスト削減
  • 破損や口割れの心配不要
  • ムダな廃棄物が出ない

 ボックスチャーター便を利用できれば、1度の配送で大量の荷物を
1箇所に送れるので、送料のコスト削減ができます。

 また、ボックスチャーター便は一度出荷するとボックスが一切開かれ
ずに送れるので、荷物の破損や、荷物が別便に乗る口割れの心配が
ありません。

 さらに、1つのボックスに荷物をまとめるため、梱包材を大量に使う
必要もなく、廃棄物が出ないので、地球環境にもやさしいと言えます。

 このようにメリットを見ると、便利な輸送方法なのはわかりますが、
デメリットはどういったものがあるんでしょうか。

チャーター便のデメリット
  • 荷物が少量の場合は割高

 チャーター便は大量の荷物を送る場合に適していますが、少量の荷物を
送る場合は、荷物1つあたりに対して割高の金額になります。

 以上のような金額やメリット、デメリットを知っておけば、チャーター
便を上手に利用できるかも知れませんね。
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.