【高さや構造】フォークリフトのマストの種類とは

フォークリフトのマストの種類や高さ

 倉庫内での荷物の荷役などに使われるフォークリフト。

 このフォークリフトのパーツであるマストとは、どんな働きをするの
でしょうか?
 また、マストの種類や高さとは、どう分類されるのでしょうか?

 そこで今回は、フォークリフトマストの構造や種類についてまとめて
みました。
マストの構造とは

【主に3種類に分かれる】
フォークを上げたフォークリフト  さて、フォークリフトのマストとは、フォーク(爪)を支える支柱で
あり、フォークを上下させるために必要なレールとして機能します。

フォークリフトのマストとは
  • フォーク(爪)を支える支柱
  • レールとして機能

 また、マストの構造は主に3種類に分類され、フォークが付くインナー
マスト、レール部分であるアウターマスト、フォークを上下させるリフト
シリンダに分かれています。

マストの構造
  • インナーマスト
    フォークが付く部分
  • アウターマスト
    レール部分
  • リフトシリンダ
    フォークを上下させる部分

 では、このフォークリフトのマストにはどのような種類があり、どう
使い分けが行われているのでしょうか?
 次の項目で確認して行きましょう。


マストの種類は

【用途によって種類が変わる】
ハイマストのフォークリフト  さて、フォークリフトのマストの種類は大きく分類すると、標準的な
高さのものと、ハイマストと呼ばれる標準よりも高いものに分けられ
ます。

 さらにハイマストの中でも、マストの高さを変えずにフォークが上昇
するフルフリーマストや、標準マストよりも高さがある高マスト、
マストが段状に作られた三段マストに分類できます。

マストの種類
  • 標準マスト
    標準的な高さ
  • フルフリーマスト
    フォークが高く上昇
  • 高マスト
    標準よりも高い
  • 三段マスト
    高所・低所で作業可

 さらに、上記のようなマストは、それぞれ活用される場所が異なって
います。

活用場所分類
  • 標準マスト
    倉庫など
  • フルフリーマスト
    運輸業のコンテナ内など
  • 高マスト
    倉庫の天井近くなど
  • 三段マスト
    天井の低い(高い)屋内

 では、これらのマストの具体的な高さはどれくらいになるのでしょう
か?
 次の項目では、それぞれのマストの高さについて触れていきます。


マストの高さは

【3mから6mまで】
天井が低い場所での作業  フォークリフトのマストの高さは、標準マストが3m程度、フルフリーは
3mから4.5m程度、高マストや三段マストは3mから5m、6m程度
となっています。

マストの高さ
  • 標準マスト
    3m程度
  • フルフリーマスト
    3m~4.5m程度
  • 高マスト
    3m~6m程度
  • 三段マスト
    3m~6m程度

 また、これらの高さはメーカーによって異なるため、あくまで目安程度
にお考え下さい。

 ちなみに、フォークリフトの作業中に起こる荷崩れについては、以下の
記事に詳しくまとめてありますので、ご覧になってみてはいかがでしょう
か?

○フォークリフトにおける荷崩れの原因と対策を教えて!
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-470.html
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.