よく読まれている記事

【規格や延長】フォークリフトの爪の幅は?

フォークリフトの爪の幅や長さとは

 職場でフォークリフトを使用したいので、爪(フォーク)について詳しく
知りたい。

 このフォークリフトの爪の幅や規格は、どうなっているのでしょうか?
 また、もしも爪を延長させたい場合は、何か方法があるのでしょうか?

 そこで今回は、フォークリフトの爪の幅や種類についてまとめて
みました。


爪の幅や規格は

【爪の幅や長さなど】
フォークリフトの爪  さて、フォークリフトの爪について調べたところ、以下のような
長さや幅、厚さに分類されました。

爪の長さ、幅、厚さ
  • 長さ 1,000mmから2,000mm程度
  • 幅 150mmから300mm程度
  • 厚さ 10mmから100mm程度

 また、爪の材質は炭素鋼や特殊合金鋼が多く、最大積載重量の
3倍以上は耐えられる
ように作られているようです。

 このフォークリフトの規格は、日本産業車両協会がJIS(日本工業
規格)を基準に定めていますが、爪の基準はネット上で公開されて
いませんでした。

 では、このフォークリフトの爪には、どのような種類があるの
でしょうか? 次の項目で確認して行きましょう。


爪の種類は

【用途によって使い分ける】
ロールの運搬  さて、フォークリフトの爪の部分は、オプションパーツとしてアタッチ
メントと呼ばれるパーツを装着できます。

 このアタッチメントは、それぞれ用途によって使い分ける事ができ、
1つ2万円から10万円程度で購入することが出来ます。

アタッチメントとは
  • 爪のオプションパーツ
  • 用途によって使い分ける
  • 2万円から10万円程度

 また、主なアタッチメントは以下のような種類と用途があります。

アタッチメントの種類
  • サイドシフト
    荷台などの積み込み
  • ヒンジフォーク
    鋼管などの運搬
  • ウインチ付きヒンジ
    原木の運搬
  • 全回転フォーク
    粉末物、液体の運搬
  • 全回転ロール
    ロール紙の運搬


爪を延長させるには

【サヤフォークを装着する】
サヤフォーク  では、フォークリフトの爪が作業中に短いと感じた場合は、どうやって
延長すれば良いのでしょうか?

 この場合はサヤフォークと呼ばれる爪を購入すれば延長が可能で、小型
車から大型車分まで販売されています。

 また、サヤフォークを装着することにより、爪を1000mmから
3000mm程度まで延長できます。

サヤフォークとは
  • 爪の延長パーツ
  • 小型車から大型車まで装着可
  • 1,000mmから3,000mm程度延長

 また、このサヤフォークは2万円から10万円程度で購入ができ、業者が
オーダーメイドで作成することが多くなっています。

 以上のようなフォークリフトの爪の種類などを知っておけば、購入の
際に迷うこともなくなるかも知れませんね。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)