よく読まれている記事

【練習方法など】海外で運転する際に注意する点は?

海外で運転するのが怖い

 仕事先や旅行先である海外で、運転が必要になったが怖い…。

 このような場合、トラックや車を運転する際の注意点は何があるの
でしょうか?
 また、運転に慣れるために行う練習は、どうやれば良いのでしょうか?

 今回は、海外で運転する際の注意点や練習方法をまとめてみました。


海外での運転が怖い

慌てて運転
【危険な目に遭うことも】
 海外での運転は、左ハンドルで右側通行、さらにマニュアル車が
主流となっているため、運転中にウインカーと間違えてワイパーを
出してしまうことも…。

 また、アメリカでは赤信号でも右折が可能であったりと、交通ルール
の違いに戸惑うことも多いようです。

海外運転時に戸惑う事
  • 左ハンドル
  • 右側通行
  • 交通ルールの違い

 さらに、ハンドルの違いから駐車の感覚が掴みづらかったり、慣れない
道路のため道が分からないといった問題も挙げられます。

 また、地域によっては日本人であるという理由で、車上荒しに遭いやす
なることも…。

 では、このような不安点を解消するための対策とは、何があるの
でしょうか?次の項目で確認して行きましょう。


運転時に注意する点は?

運転のナビ
【運転前の対策など】
 さて、海外で車を運転する際は、事前にインターネットで地理や交通
ルールを確認しておき、地図などをプリントアウトしておきましょう。

 さらに、万が一の事態のために、日本語対応可能なロードサービスの
連絡先を控えておきましょう。

 また、どうしてもMT車が苦手な場合はAT車に変更して貰い、助手席に
現地の人を座らせ、ナビゲートして貰うようにするのも良いでしょう。

海外運転前の対策
  • 地理やルールをネットで確認
  • 日本語対応ロードサービスの連絡先を控える
  • MT車からAT車に変更
  • 現地の人に案内して貰う

 さらに、海外では長い直線道路が続くことがあり、時差ボケなどにより
眠くなる事もあるので、こまめに休憩をとる事も大事になります。

 また、車から離れる際は目の付く場所に荷物を置かないようにして、
車上荒しを防ぎましょう。

海外運転時の注意点
  • こまめに休憩を取る
  • 車内の荷物を目立たせない


練習方法は?

目隠し
【広い場所で練習を】
 では、慣れない海外での運転を上達させるために行う練習とは、どんな
方法があるのでしょうか?

 やはり、左ハンドルでの運転に慣れるには運転を重ねるしかないので、
空港の駐車場やスーパの駐車場など、広い場所で練習しましょう。

 また、練習を行う時間帯は、運転している人が少ない週末の午前中や、
夜などが良いでしょう。

運転の練習場所や時間帯
  • 空港やスーパーの駐車場
  • 週末の午前や夜

 また、運転の練習を行う際は、クラッチやシフト、ハンドルやウインカ
ーの操作を行ない、感覚を掴みましょう。

練習時の確認点
  • クラッチ
  • シフト
  • ハンドル
  • ウインカー

 以上のような注意点や練習方法を覚えておけば、海外での運転時に
役立つのではないでしょうか?
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)