【費用や注意点】車のバッテリーを処分・廃棄する際の方法は?

車のバッテリーを処分したい

 車のバッテリーを新たに購入したが、古いバッテリーの処分方法が
わからない…。

 このような場合は、バッテリーをどのように処分すれば良いの
でしょうか?
 また、処分の際の費用はいくらぐらいなのでしょうか。

 今回は、車のバッテリーを処分する際の方法や注意点について
まとめてみました。
バッテリーの処分方法

バッテリーの死
【ゴミとして処分できない】
 さて、車のバッテリーは内部に鉛や希硫酸などを使用しているので、
一般ゴミとして扱えなくなっています。

 このため、使用済バッテリーを処分する際は、業者に引き渡して処分
する方法が取られ、この業者に引き渡す方法は、以下が挙げられます。

バッテリーの処分方法
  • バッテリーの購入先で交換
  • 整備工場などに持参
  • ネットの販売業者に送る
  • 買取業者に送る

 バッテリーの処分方法として、ホームセンターなどのバッテリー購入先
で古いものを有料で処分してもらうやり方があります。

 また、整備工場やガソリンスタンド、不要品回収業者などに持参すれば、
有料または無料で処分を行えます。

 さらに、インターネットでバッテリーを購入した際は、古いバッテリー
を送れば、有料または無料で処分できます。

 また、バッテリー専門の買取業者も存在し、使用済みバッテリーの
買取が出来る場合もあります。

 では、これらの業者を利用した場合の金額はいくらぐらいになるの
でしょうか?次の項目で確認していきましょう。


処分時の費用は

交換する業者
【5百円から2千円程度】
 さて、上記の業者を利用した際の費用は、以下のようになって
います。

バッテリーの処分費用
  • 購入先での交換 500円から1,000円程度
  • 整備工場などに持参 無料または500円程度
  • ネットの販売業者 無料または500円程度

 このように、バッテリーを処分する際は、業者によって無料か、千円
程度
の費用で引き渡せます。

 また、バッテリーの買取業者は、バッテリーのサイズによって1個
2百円から2千円程度で買取を行ないます。

バッテリーの買取額
  • 200円から2,000円程度


処分時の注意点

バッテリーの交換
【悪徳業者に注意】
 では、これらの業者にバッテリーを預ける際の注意点とは何が挙げられ
るのでしょうか?

処分時の注意点
  • 知識や実績のある業者を選ぶ
  • 保証付きのバッテリーを購入
  • 場所によっては別途送料が発生

 処分を行う業者の中には悪徳業者も存在し、このような業者は見積もり
の内訳が不透明である事が多くなっています。

 このため、バッテリーの処分代として数万円を請求される場合もある
ので、知識や実績のある業者を選んだほうが良いでしょう。

 また、新たにバッテリーを購入する際は、故障時にも交換対応ができる
保証付きのものを選びましょう。

 さらに、北海道や沖縄、離島などの場合は、バッテリーを送る際に別途
料金が発生する場合もあります。

 上記のような処分方法や金額などを覚えておけば、バッテリーを容易に
処分出来るのではないでしょうか?
おすすめ記事
関連記事


Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2016/10/04 04:17
  • -
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.