【違反事例など】免許条件違反の罰金や点数って?

免許条件違反の概要

 免許に「眼鏡等」と記載されているのに、近所で眼鏡をかけず運転した
ことはありませんか?

 実は、「眼鏡等」と記載されているのに眼鏡をかけず運転した場合は、
免許条件違反となり、取り締まりの対象となってしまうので注意が
必要です。

 今回は、この免許条件違反の罰金や点数などについてまとめました。
免許条件違反とは?

自動車の運転
【条件に反した運転】
 さて、そもそも免許条件違反とは、どのような行為を指すのでしょうか?

 この免許条件違反とは、運転免許証の条件欄に反して運転を行なう事
指しています。

 また、免許条件違反の違反内容は、主に以下のような内容が挙げられます。

※免許条件違反の主な内容
  • 眼鏡やコンタクトを着用せずに運転
  • AT限定免許でMT車運転
  • 普通免許で総重量8トン以上の車を運転

 さらに、道路交通法91条では、以下のように定義されています。

○道路交通法91条
公安委員会は、道路における危険を防止し、その他交通の 安全を図るため必要があると認めるときは、必要な限度に おいて、免許に、その免許に係る者の身体の状態又は運転 の技能に応じ、その者が運転することができる自動車等の 種類を限定し、その他自動車等を運転するについて必要な 条件を付し、及びこれを変更することができる。

 ちなみに、旧普通免許を持ち、制限が8t限定になっている場合は、限定
解除の試験に合格すれば、車両総重量が11t未満のトラックなどを運転でき、
合わせて免許条件の限定解除を行う必要があります。

 この免許条件の限定解除については、以下の記事に詳しい内容が
まとめられています。

○【AT(オートマ)免許でMT車が運転可能に】運転免許の限定解除って?
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-390.html


免許条件違反の罰金や点数

連絡する警官
【罰金と違反点数】
 さて、運転免許証の条件欄に反して運転を行った場合に取り締まり
の対象となる免許条件違反ですが、実際に支払う反則金や違反点数は
どれくらいになるのでしょうか?

 ここでは、免許条件違反の反則金及び違反点数をまとめて
みましたので、確認してみましょう。

免許条件違反の反則金や点数
車種
大型車
普通車
小型特殊
反則金
9,000円
7,000円
5,000円
違反点数
2点
2点
2点

 「眼鏡等」の条件がある場合に、眼鏡をかけずに運転してしまうと、
事故などを起こす事もありますので、ルールを守って運転しましょう。


免許条件違反の事例

眼鏡をかけて運転
【限定解除を忘れた状態で事故】
 運転免許証の条件欄に反した運転を行った場合に取締対象となる免許
条件違反ですが、レーシック手術後に限定解除を行わなかったため、取り
締まりを受けたケースも…。

○レーシック手術後の事故で免許条件違反
一度落ちてしまった視力を回復させるために、レーシック手術を 受けたAさんは、免許取得時は「眼鏡等」の条件がついていました。

しかし、手術から日が経っていないために視界がぼやけ、そんな 状態で運転したために物損事故を起こしてしまい、さらに限定解除 を行っていなかったため、免許条件違反になってしまった。

 このような取り締まりを受けないためには、以下のような対策を行えば
良いのではないでしょうか?

※免許条件違反への対策
  • 自らの免許条件の再確認
  • 限定解除を行う

 以上のように、自らの免許条件の再確認し、限定解除を行っておけば
取り締まりを受けることもなくなるのではないでしょうか?
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.