運転が下手な人の特徴は?原因や克服方法など

運転技術を上達させたい

 免許を取得して日が経ったけど、運転が上達しない…。

 この運転下手を克服する方法とは、一体何があるのでしょうか?
また、上達させるための方法とは何でしょうか?

 そこで今回は、運転が下手な人の特徴や上達方法などについて
まとめてみました。
運転が下手な人の特徴は

慌てるドライバー
【落ち着いて運転できない】
 さて、運転が下手な人の操作時は、どのような特徴が現れるの
でしょうか?

 以下に、運転が下手な人の操作に際した特徴をまとめてみました。

運転が下手な人の特徴
  • ブレーキが多い
     もちろん、車の停止時や急停止時はブレーキが必要になります。
     しかし、運転が下手な人は、止まる必要のないところでもブレーキを踏んでしまいます。

  • カーブで膨らむ
     カーブを曲がる際に大きく膨らんでしまうと、左から来るバイクや自転車を巻き込む恐れがあります。
     さらに、大きく曲がってしまうと歩道まで車が膨らみ、歩行者を巻き込んでしまうことも…。

  • バックの切り返しが多い
     駐車場でのバックの際に、1回スペースに車をいれてから、何度も前に車を出して調整します。
     この回数が下手な人は特に多くなっています。

  • 急発進や急停止する
     運転開始時に急発進してしまい、同乗者に不快な思いをさせてしまいます。
     また、停止時は徐々に遅くすることができず、急停止を行ないます。

  • 指示器を出さない
     道を曲がる際に指示器(ウインカー)を出さないで曲がる事があります。
     指示器を出さないと、周囲が反応できずに事故が起こることも…。


 では、これらの操作の原因とは、何が挙げられるのでしょうか?
次の項目で確認していきましょう。


運転が下手な原因は

下手なドライバー向けテキスト
【経験や環境など】
 では、上項のような下手な運転の原因とは、何が挙げられるのでしょう
か?

運転が下手な原因
  • 適度な緊張感がない
     運転の際に過度の緊張感があったり、眠い状態であると、判断力が劣ります。
     このため、適度な緊張感を持つぐらいが良いと言われています。

  • 経験不足
     運転の回数が少ない場合は、操作に余裕がない場合が多くみられます。

  • 思い込みが多い
     運転に関する思い込みがあるために、誤った方向に努力をしていることもあります。
     思い込みがあると、上達への道が遠くなることも…。

  • 身体的な面
     年齢が高いと、運転に関する運動神経や視力が衰えてしまいます。
     このため、上達スピードが遅いことも考えられます。

  • 住んでいる場所
     直線道路が多い所など、運転が簡単なところにいると上達しにくいと言われています。
     逆に、道路事情が悪い所の人の方が、上達しやすいとも。

  • 周囲の人
     友人や家族などが、誤った知識を教えている場合もあります。


 これらの下手な原因を知った上で、克服するには何をすれば良いの
でしょうか?


運転技術を上達させるには

安全なドライバー
【落ち着いて練習を】
 さて、上項のような運転が下手な部分を克服する方法とは、何でしょう
か?

運転下手の克服方法
  • たくさん運転する
     運転下手を克服するには、やはり練習が必要です。
     練習を行う際は、交通量の少ない早朝や深夜が良いでしょう。

  • 苦手な事を練習する
     バックや追い越しなど、苦手な運転を集中的に練習しましょう。

  • 上手い人に同乗してもらう
     1人で練習を行うと、怖い思いをして上達しにくい事も考えられます。
     このため、運転が上手い人に同乗してもらえれば、気持ちも楽になれます。

  • 難しい道を通らない
     住宅街にあるような、細い道路や狭い道路は集中力が必要になります。
     このため、幅が広い道路で練習をしたほうが良いでしょう。

  • こまめに休憩を取る
     運転に慣れていない人は、慣れている人に比べて疲れやすくなっています。
     遠方での練習時は、こまめに休憩を取りましょう。


 さらに、運転技術を上達させるには、以下の点を意識しましょう。

運転上達の方法
  • 車間距離にゆとりを持つ
     車間距離が詰まっていると、急ブレーキなどに対応できない場合があります。
     このため、車間距離にはゆとりを持ちましょう。

  • 無意味なブレーキをやめる
     無意味な場所でブレーキを踏むと、後続車にも影響し、渋滞を生み出すことも…。
     このため、エンジンブレーキを活用してスピードを落とします。

  • ウインカーを使う
     車線変更を行う際は、必ずウインカーを使って周りに意思表示を行います。
     意思表示ができていると、後続車も安心して運転ができます。

  • だろう運転をしない
     運転時に「~だろう」と思い込んでいると、事故に繋がる可能性が高まります。
     このため、「~かもしれない」と思い込んだ方が良いでしょう。


 以上のような原因や上達方法を覚えておけば、運転下手が克服される
のではないでしょうか?
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.