よく読まれている記事

【入れ方や種類】タコグラフのチャート紙とは?

チャート紙の仕組みや価格

 トラックなどの運行記録を行う、アナログタコグラフ。

 このアナログタコグラフに使用するチャート紙という紙は、どんな風に
使用すれば良いのでしょうか?

 そこで今回は、タコグラフのチャート紙の入れ方や種類についてまとめて
みました。


チャート紙の入れ方は

速度計一体式
【紙は正しく入れる】
 チャート紙を入れるアナログタコグラフの形は、速度計(スピードメー
ター)一体式と平方式(1DIN)に大きく分類されます。

 この中でも平方式の方が場所を取らず、紙の交換が簡単になっていて、
チャート紙は1日から7日など、一定日数で交換を行う必要があります。

アナログタコグラフとは
  • 速度計一体式と平方式
  • 平方式の方が紙の交換が簡単
  • チャート紙を一定日数で交換

 また、速度計一体式のチャート紙は、速度計を手前に引いたり釜を開
いて、リングなどの器具を外した上で紙をはめて固定し、速度計や釜を
戻します。

速度計一体式の入れ方
  • 速度計を引いたり釜を開ける
  • リングなどの器具を外す
  • 紙をはめて固定
  • 速度計や釜を戻す

 さらに平方式はカートリッジを引き出し、カートリッジに紙を
乗せ、時計を現在時刻に合わせた上で、本体にカートリッジを
挿入します。

平方式の入れ方
  • カートリッジを引き出す
  • 紙を乗せる
  • 時計を現在時刻に合わす
  • カートリッジを挿入

 ちなみに注意点としては、タコグラフに鍵が掛かっている場合もある
ので解錠や施錠を忘れないこと、平方式は使用時に時計の時間がずれる
事もあるので、マメに時計の時刻を合わせることなどがあります。

アナログタコグラフの注意点
  • 鍵の解錠や施錠を行う
  • マメに時計の時刻を合わせる


チャート紙の種類や価格

平方式
【安価で購入できる】
 アナログタコグラフで使用するチャート紙は、CDやDVDと同等の
サイズであり、使用する際はタコグラフに適合する用紙を使用
する必要があります。

 このチャート紙の価格は500円から1500円程度であり、10枚
から100枚入りに分類されます。

 また、日数が1日から7日間、最高速度が90㎞から140㎞まで
設定されていて、この日数と速度を組み合わせた形で販売され
ています。

チャート紙の種類
  • 価格
    500円から1500円程度
  • 枚数
    10枚入りから100枚入り
  • 日数
    1日、3日、4日、5日、7日
  • 最高速度
    90㎞、120㎞、140㎞

 ちなみに、チャート紙は1年間の保存義務が記録があるので、
折ったりしないように大切に扱う必要があります。

 このチャート紙の保存義務については、以下の記事で詳しく
触れています。

○トラックの日報・記録・台帳などなど…保存期間は何年が義務?
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-252.html


チャート紙の書き方や問題点

運転するドライバー
【作業内容を正しく記録する】
 上記のようなチャート紙には、ドライバーの走行距離や速度、時間など
が記入されます。

 この内、ドライバーは以下のような内容をチャート紙に記入する必要が
あります。

作業内容と時間の記入項目
  • 日常点検・乗務前点呼・荷積み
  • 一般道路・高速道路
  • 荷待ち・休憩・荷降ろし
  • 食事・洗車
  • 出社・退社

 また、このチャート紙を使ったアナログタコグラフは、チャート紙を
わざと入れなかったり、鉄針に輪ゴムをかけて動作を抑えて時間を誤魔
化すといった問題点もあります。

 これらのデータ改ざんを防げるタコグラフとしてデジタル式があり、
このデジタル式とアナログ式の違いについては以下の記事で詳しく解説
してます。

○デジタコとアナタコの性能の違いとは?
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-189.html

 以上のようなチャート紙やアナログタコグラフの特徴を知った上で、
購入を考えてみてはいかがでしょうか。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)