よく読まれている記事

【物流や運送業】コスト削減の方法とは?

物流業や運送業のコスト削減とは

 流業や運送業に携わる者として、コスト削減の方法が知りたい。

 このコスト削減を行う際は、一体どんな方法があるのでしょうか?
 また、物流や運送業でコスト削減のために改善すべき点とは
何でしょうか?

 そこで今回は、コスト削減の方法や事例についてまとめてみました。


物流業や運送業の改善点

倉庫での作業
【抑えるべき費用】
 さて、コスト削減が行えれば、流通費用や作業時間を減らすことが
でき、経費や時間をセーブできます。

 このコスト削減を物流業で行う場合は、人件費や燃料費、リース代や
保険代、点検代を含む車両経費を抑える事が挙げられます。

 さらに運送業の場合は、燃費や車両価格、車両の部品価格を抑える
と良いとされています。

コスト削減を行う費用
  • 物流業
    人件費・燃料費・車両経費(リース代・保険代・点検代)
  • 運送業
    燃費・車両価格・車両の部品価格

 さらに、社内マニュアルやルールを作成して徹底させることも、コスト
削減につながります。

 このようなコスト削減の対処方法は物流業や運送業で共通しており、
その内容については次の項目で詳しく触れていきたいと思います。


コスト削減の方法

コストの計算
【車両や倉庫の改善点】
 では、コスト削減の具体的な方法とは、何があるのでしょうか?

 この方法とは単価の低減が挙げられ、これは倉庫の保管料の低減、拠点
集約、作業効率向上を目指すことを指します。

単価低減で目指す点
  • 倉庫の保管料
    作業単価・資材単価
  • 拠点集約
    賃料、管理コスト、運営諸経費
  • 作業効率向上
    輸送の積載率・回転率の向上

 また、車両への対策としては、デジタルタコグラフの導入、5年ごとの
車両買い替え、中古部品の購入(高額なタイヤなど)などがあります。

車両のコスト削減対策
  • デジタルタコグラフの導入
  • 5年ごとの車両買い替え
  • 中古部品の購入

 さらに、倉庫内の対策としては、作業エリアと保管エリアの明確化、
ロケーションや商品配置の明確化、5Sとあいさつ、ホワイトボードで
結果や目標表示、作業マニュアルや禁止・注意事項の決定など、作業
手順の明確化などがあります。

倉庫のコスト削減対策
  • 作業エリアと保管エリアの明確化
  • ロケーションや商品配置の明確化
  • 5Sとあいさつの徹底
  • ホワイトボードで結果や目標表示
  • 作業マニュアルの作成
  • 禁止・注意事項の決定

 これらの対策などから、すぐ出来る点を実行していけば、コスト削減に
徐々につながるはずです。

 次の項目では、実際にコスト削減が成功した会社の事例について触れて
いきたいと思います。


コスト削減の事例

ポリゴン物流会社
【食品卸会社の事例】
 さて、実際にコスト削減を行った会社の事例として、食品卸会社の事例
をあげてみたいと思います。

 この会社は納品に使用する車両を35台使用していましたが、車両数を
減らしたり、従来使っていた2t車に加え3t車や軽トラックの追加導入、
仕分け担当の決定、倉庫内ロケーション見直し、給油先見直しを行ない
ました。

コスト削減の事例
  • 車両数を減らす
  • 追加車種の導入
  • 仕分け担当の決定
  • 倉庫内ロケーション見直し
  • 給油先見直し

 これらを改善した結果、最終的にはコストダウンが成功し、得意先の
信頼度アップなどにも
つながりました。

 しかし、逆にコスト削減が出来なかった場合は、競合会社に差を付け
られてた可能性があります。

 以上のようなコスト削減の対策部分を意識すれば、会社の信頼度
アップにもつながるのではないでしょうか?
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)