よく読まれている記事

【違反事例など】最低速度違反の罰金や点数って?

最低速度違反の概要

 最低速度の標識がある場所で、最低速度以下のスピードで
運転してしまった…。

 実は、最低速度の標識がある場所で、最低速度以下のスピードで
運転すると最低速度違反となり、取り締まりの対象となってしまう
ので、注意が必要です。

 今回は、この最低速度違反の罰金や点数などをまとめました。


最低速度違反とは?

最低速度での運転
【法定速度未満での運転】
 さて、そもそも最低速度違反とは、どのような行為を指すの
でしょうか?

 この最低速度違反とは定められた法定速度未満で運転
する
行為を指しています。

※最低速度違反とは
  • 法定速度未満での運転

 また、道路交通法23条と75条の4では、以下のように定義されています。

○道路交通法23条
自動車は、道路標識等によりその最低速度が指定されている 道路(第七十五条の四に規定する高速自動車国道の本線車道を 除く。)においては、法令の規定により速度を減ずる場合及び 危険を防止するためやむを得ない場合を除き、その最低速度に 達しない速度で進行してはならない。

○道路交通法75条
4.自動車は、法令の規定によりその速度を減ずる場合及び危険を 防止するためやむを得ない場合を除き、高速自動車国道の本線 車道(政令で定めるものを除く。)においては、道路標識等に より自動車の最低速度が指定されている区間にあつてはその最低 速度に、その他の区間にあつては政令で定める最低速度に達し ない速度で進行してはならない。

 つまり、23条では道路標識によって最低速度が定められている道路
が、75条の4では高速道路が最低速度未満での走行を禁じています。

 また、最低速度の道路標識は、以下の自動車専用道路に設置されて
います。

※最低速度の道路標識がある道路
  • 神戸淡路鳴門自動車道
  • 名港トリトン
  • 西九州自動車道
  • 瀬戸中央自動車道

 さらに、高速道路の最低速度は50kmであり、これは道路交通法の施行令
によって定められています。

○道路交通法施行令27条
3.法第七十五条の四の政令で定める最低速度は、五十キロ メートル毎時とする。

 ちなみに、海外の高速道路の最低速度は、以下のようになっています。

※海外の高速道路の最低速度
  • 韓国…50km/h
  • 香港…50km/h
  • 台湾…60km/h
  • ドイツ…60km/h
  • フランス…80km/h


最低速度違反の罰金や点数

最低速度の取り締まり
【罰金と違反点数】
 さて、法定速度未満のスピードで運転した場合に取り締まりの
対象となる最低速度違反ですが、実際に支払う罰金や違反点数は、
どれくらいになるのでしょうか?

 ここでは、最低速度違反の罰金や点数をまとめてみましたので、
確認してみましょう。

※最低速度違反の反則金や点数
車種
大型車
普通車
小型特殊
反則金
7,000円
6,000円
5,000円
違反点数
1点
1点
1点

 ちなみに、この最低速度違反は自動車(及び自動二輪車)のみに対する
規制であり、原動機付自転車や軽車両、路面電車やトロリーバスには適用
されません。

 さらに、法令に基づいて道路維持作業を行う道路維持作業用自動車も、
適用外となっています。

※最低速度違反が適用されない車種
  • 原動機付自転車
  • 軽車両
  • 路面電車
  • トロリーバス
  • 道路維持作業用自動車


最低速度違反の事例

最低速度規制
【高速道路をノロノロ運転】
 法定速度未満のスピードで運転した場合に取締対象となる最低速度
違反ですが、高速道路をノロノロ運転したために、取り締まりにあって
しまったケースも…。

○高速道路を20kmで走行
高速道路を運転に慣れていない初心者ドライバーが、不安の あまり速度20kmで走行してしまった。

このため、警察の取り締まりにあってしまい、事故につながる 可能性があると、厳重に注意された。

 このような最低速度未満での運転を防ぐためには、以下のような
対策を行えば良いのではないでしょうか?

※最低速度違反の対策
  • 法令速度を覚える
  • 標識を見て運転する
  • 余裕をもって運転する
  • 周りに迷惑を掛けない

 以上のように、法令速度を覚えて、余裕をもって運転することを
心がけましょう。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)