よく読まれている記事

【特徴や違い】ボンネットトラックとは?

ボンネットトラックの概要

 アメリカなどで使われている、ボンネットのついた大型トラック。

 この車両はボンネットトラックと呼ばれていますが、どういった特徴が
あるのでしょうか?
 また、なぜ国内のトラックには採用されていないのかも気になります
よね。

 そこで今回は、ボンネットトラックの特徴やキャブオーバーとの違いを
まとめてみました。


【そもそもボンネットトラックとは?】

ボンネットトラック前面
【ボンネットにエンジンがある】
 ボンネットトラックとは、名前の通りボンネットの中にエンジンが
収められたトラックを指しています。

 このボンネットトラックは、主にアメリカやカナダなど北米のトラック
を中心に採用されています。

ボンネットトラックとは
  • ボンネット中にエンジンがある
  • 北米のトラックに採用される

 また、国内では1960年代までボンネットトラックが使われて
いましたが、これはエンジンルームを車体前部に収めるタイプしか
なかったという理由があります。

 しかし、道路が細く、トラックの全長規制も厳しくなっていったため、
後述のキャブオーバーが採用されはじめ、形状が長いボンネットトラック
は廃れていってしまいました。

国内でのボンネットトラック事情
  • 1960年台まで採用
  • 以降はキャブオーバーが中心


【キャブオーバーとの違い】

キャブオーバートラック
【現在の主流となっている】
 キャブオーバーとは、エンジンの上にキャブ(運転席)がある形状で、
主にトラックなど中・大型車に採用されています。

 このキャブオーバーとボンネット型との違いは、エンジンの上にキャブ
があるため、収納を長く取れ、目視での直前確認がしやすく、小回りも
効くなどといったメリットが挙げられます。

キャブオーバーとは
  • エンジン上にキャブがある
  • 収納を長く取れる
  • 直前確認がしやすい
  • 小回りが効く

 また、日本やヨーロッパ等では上記のようなメリットを活かしやすく、
ボンネット型のデメリットが大きいために、主にキャブオーバーが採用
されています。

キャブオーバーの採用地域
  • 日本
  • ヨーロッパ
  • オセアニア

 次の項目では、ボンネットトラックのメリットやデメリットについて
詳しく述べていきたいと思います。


【メリットやデメリットは】

ボンネットトラックのエンジン
【キャブオーバーと対になる】
 ボンネットトラックのメリットとデメリットは、キャブオーバーと逆に
なっていて、以下が挙げられます。

ボンネットトラックのメリット
  • 衝撃安定性が高い
  • 空気抵抗が良い
  • 乗員が快適
  • 整備しやすい

 ボンネットトラックは、その形状からキャブオーバーよりも衝撃に強く
空気抵抗も良く、振動が伝わりにくかったり、整備しやすいといった
利点があります。

ボンネットトラックのデメリット
  • 直前の確認が難しい
  • 小回りが効かない
  • 荷物をあまり詰めない

 しかし、前に長く伸びた形状であるため、直前での目視が難しかったり、
小回りが効きにくく、荷物もキャブオーバーよりも詰めないといった欠点
も備えています。

 以上のようなボンネットトラックの特徴やキャブオーバーとの違い
について知っておけば、トラックの形状についてより理解が深まる
のではないでしょうか?
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)