よく読まれている記事

【仕組みや事故事例】海上コンテナのツイストロックとは?

ツイストロックの概要

 海上コンテナは、なぜコンテナなど重い荷物を牽引できるか疑問に
思ったことはありませんか?

 この理由はツイストロック(緊締装置)という器具を使い、トレーラーに
固定させているからです。
 では、このツイストロックの仕組みや価格はどうなっているのでしょう
か?

 今回は、ツイストロックの特徴や事故事例などをまとめました。


そもそもツイストロックとは?

ツイストロックの箇所
【貨物を固定する器具】
 ツイストロックとは、トレーラーや船などにコンテナなどを固定する
ことができる器具です。

 このツイストロックは、コンテナの四隅である前後2箇所に取り付けら
れています。

ツイストロックとは
  • コンテナなどを固定する器具
  • コンテナの前後2箇所に取り付け

 また、ツイストロックは固定していないとトレーラーからコンテナが
落下したり、トレーラーが横転するなど、事故の原因になります。

ツイストロックを固定しないと
  • トレーラーからコンテナ落下
  • トレーラーが横転

 ちなみにJR貨物では、半自動式中央緊締方式と呼ばれる、鉄道コンテナ
用の独自ツイストロックが採用されています。


ツイストロックの仕組みや価格

手動で固定
【固定させないと事故に】
 ツイストロックを固定する際は、三角の突起を金具に差し込んで、中で
回転させて固定を行ないます。

 また、ツイストロックの形状は世界共通で、手動で固定するタイプと
油圧や電動で固定させる自動タイプに分かれています。

ツイストロックの仕組み
  • 突起に金具を差し込む
  • 中で回転させて固定
  • 手動か自動で固定

 しかし、ロックの忘れにより10年で100件程度コンテナ横転事故が発生
しているため、ツイストロック締結の取り締まりが行われることも
あります。

ロックの忘れによる事故
  • 10年で100件程度発生
  • ロック締結の取り締まりも

 また、ツイストロックの価格は1個につき5000円程度であるため、
破損した際や歪んでいる場合は早めに交換したほうが良いでしょう。

ツイストロックの価格
  • 1個5000円程度


【ツイストロックの事故事例】

コンテナ落下
【コンテナが反対車線に落下】
 ツイストロックのアンロックが原因となる事故としては、以下のような
事例が挙げられます。

○発生状況

 トレーラーがコンテナを運搬中、突然反対車線にコンテナが転落した。

 この事故により、乗用車の乗員など6名が重軽傷を負い、運転手は現行犯逮捕となった。

 この事故の原因は、次のように言われています。

○事故原因

1.ピンのアンロック
後部2箇所のピンがアンロックの状態であった。

2.運転時の振動や遠心力
ブレーキや上下の振動、旋回時の遠心力などにより、コンテナが落下してしまった。

 では、この事故に対する対策とは、どのようなものがあるのでしょうか?

○事故原因

1.ロックの確認徹底

2.安全速度遵守

3.カーブでのハンドル操作

 つまり、運転前にロックが掛かっていることを確実に確認し、安全速度
を遵守しながら、急ハンドルを繰り返さないハンドル操作を行えば、
この
事故は防げたと言えます。

 また、荷台の高重心や偏荷重を防ぐことも、事故を防止する上で大切
なことなので、荷物の積み方にも注意しましょう。

 ちなみに、他のトレーラーの事故事例については、以下の記事に詳しく
まとめられていますので、気になる方はご覧になって見て下さい。

○【原因・対策】トレーラー運転時におきた事故事例を知りたい!
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-532.html
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)