よく読まれている記事

【個人事業主でも】高速情報協同組合の法人ETCカードのメリットは?

高速情報協同組合の法人ETCカードとは?
法人、もしくは個人事業主の方でETCカードが必要だと感じたことはありませんか。

また、ETCカードが必要なのに簡単に作る事が出来ずに困っている方も居るのではないでしょうか。

今回は、中小企業や個人事業主の方でも作る事が出来る、高速情報協同組合のETCカードについてまとめてみました。


高速情報協同組合の法人ETCカード
ETCカードは法人で作りづらい?
個人でクレジットカードを作りETCカードを発行するのとは違い、法人のETCカードを発行するのは簡単ではありません。
特に設立して間もない新会社や個人事業主の場合は、特にその部分が顕著になります。
申込書

その理由として挙げられるのが会社の信頼性。

設立間もない会社だとまだ実績がなく、万が一倒産などした場合の事を懸念して審査が通りにくくなっているのです。

高速情報協同組合は、そんな新会社や中小企業の事業を多角的にアシストする組合で、ETCカードを簡単に作る事が出来ます。

ETCカードを必要としている法人や個人事業主の強い味方ですね。
法人ETCカードの特徴は?
高速情報協同組合のETCカードの大きな特徴は、クレジットカード機能がついていないので安心できるところ。

更に、必要な枚数を発行してもらう事が可能です。
ちなみに発行枚数は登録車両1台につき最高4枚までで、発行手数料はカード1枚540円程度。

ETCマイレージサービスを受ける事も可能で、たまったポイントは無料通行分と交換擦る事が出来ます。

使用車両の限定もないので、従業員の車やレンタカーなどでも使うことが出来るのです。
高速の入り口

ETCカードを発行して従業員に持たせる事で、現金を持たせる必要がなくなり、高速道路での現金支払いの手間が省け移動がスムーズになります。

また、利用明細で金額や利用した高速道路の区間が把握できるので管理も簡単になるといった利点もあります。
高速情報協同組合のETCカードのメリットは?
さて、高速情報協同組合のETCカードを利用する事で得られるメリットにはどういったものがあるのでしょうか。
■高速情報協同組合のETCカードのメリット
  • ・高速道路料金が割引になる
  • ・マイレージポイントが貯まる
  • ・現金精算が必要なく、経理処理などがスムーズ
  • ・発行したカードごとに金額が明確に出る
  • ・どの車両にも使うことが出来る
  • ・ETC車載器がなくても手渡しで使うことが可能
  • ・新会社でも申し込むことが出来る
新会社や個人事業主の方が簡単に作れるという点が大きなメリットですが、やはり一番注目したい点は高速道路料金が割引されるところですね。

ちなみに、割引率は時間帯や曜日によって変動します。

■ETCカード利用時の割引率
  • ・休日割引…30%
  • ・深夜割引…30%
  • ・平日朝夕割引…50%
時間帯の他、対応車種や区間が限定されている場合もありますので利用する際はその点に気をつけましょう。
30%

高速情報協同組合のETCカード詳細についてはこちらから確認する事が出来ます。
○高速情報協同組合のETCカード詳細はこちら

ETCカードには様々なメリットがある事が分かりました。
審査の問題などで発行を諦めていた方や、メリットを知って持ちたくなった方は、高速情報協同組合のETCカード発行を検討してみてはいかがでしょうか。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)